マンションなどの外壁リフォームで大事なコーキングとは|賃貸物件の外壁リフォーム|column|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > column > 賃貸物件の外壁リフォーム > マンションなどの外壁リフォームで大事なコーキングとは

マンションなどの外壁リフォームで大事なコーキングとは

外壁塗装におけるコーキングの役割

コーキングは、外壁材であるサイディングの繋ぎ目の部分の目地を埋めるために使われている材料で、シーリングとも呼ばれています。
サイディングは、外壁材の一種で建物の骨格部分を作った後、外から板状の外壁材であるサイディングを貼り付けて外壁とするものです。
サイディングは、昨今の新築住宅の主流となっており、サイディングとサイディングの間の目地はペースト状の建材で覆いますが、常に外気に触れているため、時間とともに劣化していきます。
コーキングした部分は、サイディングと同様に10年くらいするとヒビ割れが入ってしまい、家の劣化に繋がるため、打ち替えるのが理想的です。
外壁塗装は外壁材や塗料によっても変わりますが、塗替えのサイクルは10~15年ほどがいいでしょう。
外壁塗装と一緒に、シーリングの打ち替えリフォームする家が多いのですが、なるべくなら5年に1度くらいのサイクルで打ち替えを行うと良いでしょう。
痩せてヒビが入ったままにしておくと、ドンドン劣化が進みコーキング材が痩せたりヒビ割れたりして、サイディングボードとシーリングの間に隙間ができてしまいます。
そうした隙間ができると雨水が家の内部に侵入してしまい、家の躯体部分など内部を腐食させる原因となってしまうのです。

外壁塗装におけるコーキングの役割

「打ち替え工事」と「打ち増し工事」の違い

ちなみにコーキング工事には既存のコーキング剤をすべて剥がして、新しくコーキング剤を充填する「打ち替え」と、既存のコーキングの上から新たにコーキングを充填する「打ち増し(増し打ち)」があります。
どちらにするかは外壁塗装業者の判断と予算次第ですが、外壁塗装のリフォームをする場合、10年前後の年月が経過しているため、コーキング部分も相当劣化している事が多いので、打ち増しするのではなく、打ち替えする場合がほとんどです。
しかし、打ち替えが必要なのにもかかわらず、打ち増しにしてコストを抑える外壁塗装業者もあります。
打ち増しはコーキング剤をすべて撤去する作業が無い分、施工が速くなり手間もかからず、業者の工期も短いのが特徴です。
しかし、打ち替えが必要なのに打ち増しで済ますと、コーキングの耐久性が保たれないため、高額な費用を出して塗装工事をする意味がなくなってしまいます。
一般の人は外壁について知らないことばかりですので、このように手抜き工事をする外壁塗装業者もいるので、外壁塗装業者に「打ち増しで良い」と言われたら「打ち替えが最適でないか?」など質問して工事内容を決定していきましょう。

「打ち替え工事」と「打ち増し工事」の違い