MENU

足立区・葛飾区で外壁塗装・屋根塗装をするなら株式会社楽塗

お気軽にお電話下さい

0120-775-885 9:00~17:30年中無休(お盆・年末年始除く)

  • 外壁塗装ショールーム 来店予約 クオカードプレゼント中
  • まずは3社の見積を比較 お見積依頼 お気軽に連絡下さい

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > ブログ > お役立ち情報ブログ > 屋根遮熱塗料 2022年決定版 THE10選

屋根遮熱塗料 2022年決定版 THE10選

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区を中心に外壁塗装・屋根塗装・防水工事・屋根カバー工事を行っている楽塗です😊

 

連日耐え難い猛暑が続いていますね。皆様くれぐれも熱中症にはお気を付けください。

そんな暑い夏を少しでも快適に過ごすために、今回は【遮熱塗料】についてお話していきたいと思います💡

 

遮熱塗料の仕組みと効果

遮熱塗料は、正式に言うと「高日射反射塗料」と呼ばれています。住宅や建物の外壁・屋根・屋上・ベランダなど主に太陽光の当たる場所に塗装し、太陽光を効率的に反射することができる高性能塗料の一種です。

太陽光に含まれている赤外線は、物質に当たることで大半が熱エネルギーに変化します。真夏の直射日光を受けた住宅や建物の外壁や屋根の表面温度は50℃~80℃まで達し、その熱の影響を受け室内の温度も上昇してしまうのです。

 

そこで、太陽光自体を反射し、熱エネルギーに変化するのを防いでくれるのが遮熱塗料の仕組みなのです。

外壁や屋根などに遮熱塗料を塗装することで、効率的に太陽光を反射し、室内の温度が上昇するのを防いでくれます。

年々深刻化している地球温暖化による異常気象の影響で、夏の猛暑は過酷さを増し続けており、日中だけでなく、深夜の時間帯も冷房が欠かせないものとなっております。

SDGsなどの環境問題や近年問題になっている電力ひっ迫などの点を踏まえても、より高い節電効果が求められており、長期的な省エネ効果を発揮することができる遮熱塗料に注目が集まっています。

 

【遮熱塗料】と【断熱塗料】の違い

遮熱塗料と比較されやすいのが、「断熱塗料」です。

この二つの最も大きな違いは、遮熱塗料は主に夏に効果を発揮しますが、断熱塗料は夏だけではなく冬にも効果を発揮するところです。

断熱塗料は、表面塗膜の熱伝導率が低いため、外気温と室内の温度が影響し合うのを防ぐことができるという仕組みです。

夏は、高い気温から室内の環境を守り、室内の冷気を外に逃がしません。逆に冬は、外の冷気の侵入を防ぎ、室内の暖気を外に逃がさないため、暖かい状態を維持することができるのです。

 

それぞれの塗料の施工費用を比較すると、断熱塗料は塗料自体の単価が高く、塗装技術も要するため、施工費用は高くなる傾向があります。よって機能が限定されている遮熱塗料の方が費用を抑えることができるでしょう。

しかし、耐用年数を比較すると、遮熱塗料の方が早いサイクルで塗り替えが必要になるほか、年間を通した省エネ効果は断熱塗料の方が勝ります。

このことからも断熱塗料の方が長期的に見て、コストパフォーマンスも高いと言えますが、遮熱塗料の方が初期費用を抑えることができるため、まとまった予算がない方にはおすすめになります。

 

では、遮熱塗料と断熱塗料の違いを下記にまとめました。

特徴・効果 耐用年数
遮熱塗料

・表面塗膜が太陽光を反射し、熱の発生を抑制

・夏の外気熱を遮断し、室内を涼しく維持

10年~15年程度
断熱塗料

・表面塗膜が熱伝導を抑制する

・夏の外気熱を遮断し、室内を涼しく維持

・冬の外気を遮断し、室内を暖かく維持

15年~20年程度

 

断熱効果付き遮熱塗料断

省エネ需要は、年々増加しているため、各塗料メーカーから様々な遮熱塗料が開発・発売されています。

熱を反射することができる遮熱機能と熱を伝えにくくすることができる断熱機能の両機能を兼ね備えた多機能商品も近年で発売されています。

「遮熱塗料」という名前で販売されていても、様々な特徴があり、高機能のものは費用・単価ともに高額になります。建物や環境に合った塗料を選ぶようにしましょう。

 

遮熱塗料を使用するメリット

外壁・屋根に遮熱塗料を使用する際の様々なメリットをお話ししていきます。

①室内の温度上昇を防ぐ

②建物を熱から保護する

③断熱塗料と比べて安価

 

①室内の温度上昇を防ぐ

遮熱塗料の一番のメリットとして、室内の温度の上昇を防ぐため、猛暑の中でも快適に過ごすことができ、節電効果にもつながります。

遮熱塗料を使用して塗装を行った部分は、日差しを反射し、熱が発生するのを防ぎます。建物に熱がこもりにくくなるため、夏の室内の温度は平均2~3℃下がると言われており、さらには15%程の節電効果も期待できるとのことです。

しかし、骨子に断熱材が使用されているのか、外壁・屋根の両方に遮熱塗料を塗装しているのか、窓の大きさはどの程度なのかなどと建物の条件によって効果の数値に変化が生じます。

 

②建物を熱から保護する

地球温暖化による異常気象の影響により、真夏の気温が40℃を超えることも珍しくなくなりました。遮熱塗料を使用して塗装をすれば、猛烈な太陽の熱から建物自体を保護することができます。

建物の建材は、熱により劣化してしまうため、猛暑が続くと建物自体の耐用年数が短くなってしまう場合があります。

遮熱塗料を使用して塗装した箇所は表面温度の上昇を抑えることができるため、建材の劣化軽減効果も期待できます。

 

③断熱塗料と比べて安価

遮熱塗料は、断熱塗料と比較すると初期費用を安く抑えることができます。

一般的に流通されているシリコン塗料と比べると、若干単価が高くはなりますが、断熱塗料と比較すると1㎡あたりの価格が1000円近く安価に流通されています。

遮熱塗料は夏のみと季節効果が限定されているので、断熱塗料と比べても、比較的安価に設定されていると考えられます。

 

遮熱塗料を使用するデメリット

①耐用年数が長くない

②寒い地域には不向き

 

①耐用年数が長くない

遮熱塗料は断熱塗料と比べてみると初期費用を抑えることができますが、耐用年数が決して長くはないことからも、塗り替えのサイクルが短くなるため、それがデメリットの一つと言えます。

遮熱塗料の耐用年数の平均は、8~12年程と言われており、一方で断熱塗料の平均的な耐用年数は15~20年程とされているため、比較すると遮熱塗料の方が早いタイミングで塗り替えをする必要があるということになります。

外壁・屋根に塗装した遮熱塗料は、年月を追うごとに汚れやひび割れが発生します。

それを放置してしまうと、遮熱効果が低下してしまうだけではなく、ひび割れから雨水が入り込み、建材を痛めるなどの劣化の要因になるため、塗り替えは定期的に行う方が長持ちすると言われています。

塗り替えは数十万単位という決して安くない費用がかかるため、塗料を選ぶ際は費用だけでなく、長期的に見ていくことが大切です。

 

②寒い地域には不向き

上記でも述べたように、遮熱塗料は夏の暑さから建物や室内を保護することが目的のため、断熱塗料とは違い、冬の寒さには対応していません。

断熱塗料には、冬の寒さから守ってくれるだけではなく、結露を防ぐ効果も兼ね備えていますが、一方で遮熱塗料は結露を防ぐこともできないため、寒さの厳しい地域の場合、寒さに対応しきれないデメリットの方が大きいため、不向きと言えるでしょう。

 

おすすめの遮熱塗料10選

遮熱塗料は各メーカーから様々な種類が販売されており、異なる特徴があります。おすすめの遮熱塗料をご紹介いたします。

①スーパーシャネツサーモF

②エシカルプロクールF

③サーモアイ4F

④スーパーシャネツサーモSi

⑤サーモアイSi

⑥エシカルプロクールSi

⑦アドグリーンコート

⑧クールシリーズ

⑨クールタイト

➉ガイナ

 

①スーパーシャネツサーモF・・・アステックペイント

スーパーシャネツサーモF

従来のフッ素樹脂塗料を凌ぐ最高ランクの対候性。

優れた遮熱性も持ち合わせた超高機能の屋根用フッ素樹脂塗料。

詳細はこちら★

 

②エシカルプロクールF・・・エシカル

エシカルプロクールF

水系フッ素樹脂の超高耐候・超低汚染が売りのプロクールFは戸建て住宅に最適で、施主様の大切な資産を強く永く守ります。

詳細はこちら★

 

③サーモアイ4F・・・日本ペイント

サーモアイ4F

弱容剤タイプの2液型フッ化フッ素樹脂塗料。

4フッ化フッ素樹脂を使用しているため、サーモアイシリーズの中では最も耐候性・光沢保持性に優れており、遮光機能により屋根への蓄熱を抑制。

詳細はこちら★

 

④スーパーシャネツサーモSi・・・アステックペイント

スーパーシャネツサーモSi

特殊無機顔料の使用により高い遮熱性を実現。

色褪せしにくく、美観を長期間保持する高機能の屋根用シリコン樹脂塗料。

詳細はこちら★

 

⑤サーモアイSi・・・日本ペイント

サーモアイSi

シリコン樹脂の強固な結びつきによって、耐久性も非常に高く、過酷な状況下の中でも遮熱効果を発揮します。また、カラーバリエーションも豊富で、遮熱性・デザイン性を兼ね備え、費用対効果が高いと言われています。

詳細はこちら★

 

⑥エシカルプロクールSi・・・エシカル

 

水系アクリルシリコン樹脂でJIS K  5675取得のプロクールSiは確かな性能で、工場やビル等大型の建物にも最適です。

詳細はこちら★

 

⑦アドグリーンコート・・・NCK販売

NCK販売・アドグリーンコート

ヒートアイランド対策のために開発されたアドグリーンコートは、放熱にこだわって開発された「冷めやすい塗料」です。太陽光の近赤外線の効果的な「反射」と「放熱」のWブラインド効果で、熱だまりを起こしません。

詳細はこちら★

 

⑧クールシリーズ・・・スズカファイン

スズカファイン・クールシリーズ

太陽光を効率良く反射させる着色顔料を使用することにより優れた遮熱性を発揮します。また、高耐候性の反応硬化剤をアクリルシリコン樹脂又はウレタン系樹脂を使用することで、耐久性・耐汚染性に優れた塗膜が形成され、美しい美観を保ちます。

詳細はこちら★

 

⑨クールタイト・・・エスケー化研

クールタイト・エスケー化研

太陽光線の中で、放射熱エネルギーの強い近赤外領域を反射し、優れた遮熱性能を実現。低汚染機能を発揮し、汚れの付着による遮熱効果の低下を防ぎ、長期に亘って高い遮熱性を維持します。

詳細はこちら★

 

➉ガイナ・・・日進産業

ガイナ

断熱効果を持った遮熱塗料です。

宇宙の技術を応用し、「熱の均衡化」をもたらす断熱セラミック。

周辺温度に適応する性質を持つためその結果、熱の均衡化をもたらし、熱の移動を抑える働きをします。

詳細はこちら★

 

遮熱塗料がおすすめな人

■とにかく夏の暑さを和らげたい

■メンテナンスよりも初期費用を安く済ませたい

このような方には遮熱塗料がおすすめです。

■とにかく夏の暑さを和らげたい

暑い地域にお住まいで、「とにかく暑さが堪えられない…少しでも

この暑さを和らげたい」とお考えの方は是非遮熱塗料をしようしてみてください。

夏の室内の気温の上昇を少しでも抑えることができ、冷房を強めたりしなくても、快適に過ごすことができます。

また、犬や猫など暑さに弱いペットを飼われていたり、暑さを感じにくく、熱中症の危険が高い高齢者や小さいお子様が住まわれている場合も、遮熱塗料を使用していると安心です。

 

■メンテナンスよりも初期費用を安く済ませたい

一般的なシリコン塗料と比較すると、遮熱塗料は10%程価格が高くなると言われていましたが、年々その差額は少なくなってきています。

しかも、断熱塗料と比較すると遮熱塗料は㎡あたり1,000円近く費用を抑えることができます。

遮熱塗料の省エネ効果は夏に限定されてしまい、塗り替えのタイミングは断熱塗料と比較すると5年近く早いためメンテナンス面では劣ってしまいますが、初期費用を抑えたいという方にはおすすめです。

さらに、自治体によって省エネ効果のある遮熱塗料を使用した塗装工事の場合は、約10~30万円ほどの助成金が給付される自治体もあります。

お住まいの自治体でチェックしてみると良いでしょう。

 

まとめ

遮熱塗料は太陽光を反射することで熱の発生を防ぎ、室内の温度上昇を抑える

遮熱塗料を使用すると、建物自体を熱から保護することができる

遮熱塗料は寒い地域には不向きですが、断熱塗料は夏だけではなく冬でも快適な室温を維持することができる

遮熱塗料は、断熱塗料と比較すると初期費用を安く抑えることができる

 

暑い日が続く夏は、どうしても室内に熱がこもりがちになり、「屋外の日陰の方が過ごしやすい」と感じる日もあります。

以前は冷房の点けっぱなしは体に良くないと言われていましたが、近年では冷房を点けずに過ごす方が、室内温度が上昇しすぎることで熱中症を引き起こしてしまう危険性があります。

外壁や屋根に遮熱塗料を使用していると、夏の強い日差しを跳ね返し室内温度が上昇しすぎるのを防ぐことができます。

一般的な塗料と比較すると、若干効果になってしまうため悩まれる方もいらっしゃると思いますが、室内の快適な暮らしが10数年続くと考えると、十分に価値があると言えるでしょう。

もちろん節電効果による電気代削減にも期待でき、トータル的には大きなお得につながることが期待できます。

ぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

 

弊社では様々な遮熱塗料を取り扱っております。

お客様の住宅に合ったものを提案させていただきますので、お悩みの方はお気軽にご相談くださいませ😊

外壁塗装・屋根塗装専門店 楽塗へようこそ

外装・屋根のプロが最適なご提案をさせて頂きます

株式会社楽塗

代表取締役 佐藤 秀幸

はじめまして。株式会社楽塗 代表取締役 佐藤 秀幸です。

楽塗は、東京都足立区・葛飾区を中心にお客様にご支持いただき創業以来地域密着の外壁・屋根塗装専門店です。塗装に必要な許可、資格、保険をしっかり取得。安心と信頼の技術力で施工いたします。

外壁・屋根リフォームをお考えの方へ、外壁・屋根塗装のプロがお客様にぴったり合ったご提案をさせていただいております。 東京都足立区・葛飾区にお住まいの方は、楽塗にお任せください!施工後も安心のアフターフォロー、お客様サポートを心がけております。

まずは、お住まいの現状を詳しく知るための診断を行いましょう。

  • 本店ショールーム

    • 本店ショールーム
    • 本店ショールーム
    本店ショールーム アクセスマップ
    本店ショールーム

    〒121-0055 東京都足立区加平1-23-9
    フリーダイヤル:0120-775-885
    TEL:03-6802-6134
    FAX:03-6802-6135
    営業時間 9:00~17:30 年中無休(お盆・年末年始除く)

    ショールームについて詳しくはコチラ

  • 青戸店ショールーム

    • 青戸店ショールーム
    • 青戸店ショールーム
    青戸店ショールーム アクセスマップ
    青戸店ショールーム

    〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-38-9ALFLAT101
    フリーダイヤル:0120-165-910
    営業時間 9:00~17:30 年中無休(お盆・年末年始除く)

    ショールームについて詳しくはコチラ

外壁・屋根塗装価格PRICE

アパート・マンションの塗装をお考えの方へ
来店予約 外壁塗装ショールームへお越しください。 外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! カラーシミュレーション 賃貸物件の外壁リフォーム お役立ちコラム 外壁屋根塗装専門店楽塗の採用情報

お見積・資料請求はこちらから

0120-775-885 受付 9:00~17:30(年中無休(お盆・年末年始除く))

お問い合わせフォーム

楽塗 足立区・葛飾区の外壁屋根塗装専門店 株式会社楽塗

〒121-0055
東京都足立区加平1-23-9
TEL:0120-775-885
FAX:03-6802-6135

足立区・葛飾区で大規模修繕、マンションの改修・外壁塗装・防水工事のことなら 大規模修繕・マンション改修サイトはこちら 地方創生SDGs官民連携プラットフォーム 建築用塗料メーカーのアステックペイント - 建築用塗料メーカーのアステックペイント|防水・低汚染・遮熱塗料 エシカルプロクールは屋根・外壁用水系樹脂の遮熱塗料です。 NCK株式会社 アドグリーンコート認定店 総合トップ | TOTO株式会社 総合トップ | TOTO株式会社