MENU

足立区・葛飾区で外壁塗装・屋根塗装をするなら株式会社楽塗

お気軽にお電話下さい

0120-775-885 9:00~17:30年中無休(お盆・年末年始除く)

  • 外壁塗装ショールーム 来店予約 クオカードプレゼント中
  • まずは3社の見積を比較 お見積依頼 お気軽に連絡下さい

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > ブログ > お役立ち情報ブログ > 【足立区】窯業系サイディング壁のメリット・デメリット

【足立区】窯業系サイディング壁のメリット・デメリット

ブログお役立ち情報ブログ

2022.04.30 (Sat) 更新

こんにちは👀

東京都足立区・葛飾区を中心に外壁塗装・屋根塗装・防水工事・マットスプレー等を行っております楽塗です✨

早速ですが、本日は『窯業系サイディング』についてお話させていただきたいと思います。

『窯業系サイディング』は近年の主流となっており、とても人気の高い外壁材です。

ご存知の方も多くいらっしゃるとは思いますが、サイディングとは『下見板』『羽目板』とも呼ばれている外壁材で、板を横に貼り重ねて張る(この板張り作業のことを下見と言います)構造となっています。

サイディングが主流になる以前は、住宅の外壁材には砂・セメント・水を混ぜ合わせて作られる『モルタル』が主流でした。

モルタルの欠点である、施工費用と施工期間の長さを両方解決したのが『サイディング』です。

サイディングは大きく分類すると、

■窯業系サイディング

■金属系サイディング

■木質系サイディング

■樹脂系サイディング

上記の4種類があります🏠

それぞれ原材料ごとに特徴が異なるので、建物の構造や地域の風土などに合わせて選択する必要があります。

また、サイディングの種類で価格やメンテナンスの方法も異なってくるため、それぞれの特徴を理解した上で一番合った種類を選んでいただければと思います。

これら4つのサイディングの中で最も人気が高いのが『窯業系サイディング』です。

窯業は粘土・ケイ砂・石灰岩といった非金属原料を高熱処理で製造する工業のことで、窯を利用して製造されることから窯業と呼ばれています。

『窯業系サイディング』は原料いセメント質や繊維質を使用したものです。セメントに繊維を加える事で補強効果が高まり、薄い板でも十分な強度が得られるのです。

次に『窯業系サイディング』のメリットとデメリットをお伝えしていきます。

【メリット】

◆防火性に優れている

窯業系サイディングは種類によって耐久等級が異なります。

最高等級である4等級に対応している製品もあります。

窯業系サイディングは耐火性能の高い素材を使用しているため、防火性は高いです。

◆耐震性に優れている

窯業系サイディングは耐震面においてもモルタルより優れています。

それは窯業系サイディングの重量がモルタルに比べ半分以下のため、地震の揺れで建物にかかる負担を軽減できるためです。

窯業系サイディングは脱落しにくく、地震で剥がれた外壁材による二次災害を防げるという利点もあります。

◆デザインの種類が豊富

窯業系サイディングは、デザインの種類が豊富であり、成形性が高く、様々なデザインから選べるという点も大きなメリットと言えます。

◆コストパフォーマンスに優れている

窯業系サイディングはモルタルと比較するとコストを抑えることができ、コストパフォーマンスに優れています。

コストが安く抑えられるだけでなく、防火性・耐震性にも優れているため、コストと性能のバランスの取れた外壁材となっています。

◆施工期間が短い

サイディングボードは工場で生産したものを使用するため、施工期間が短くて済むのもメリットのひとつです。

◆品質が安定している

サイディングボードは工場で製造するため、品質が安定しているのも良さのひとつです。モルタルは施工する職人によって仕上がりに差が出ることもありますが、窯業系サイディングはそういった仕上がりのムラがないのもメリットです。

【デメリット】

◆サイディングボード自体に防水性能はない

窯業系サイディングボードに使用されているセメント質は水を吸収する性質を持っているため、サイディングボード自体には防水性能がないため、塗装による防水加工が必要になります。

◆熱を吸収しやすい

窯業系サイディングの原料であるセメント質は熱を吸収しやすい性質をもっているため、遮熱性は低くなってしまいます。

遮熱性を高めるためには断熱材を使用するか、遮熱・断熱塗料を使用すると良いでしょう。

◆シーリングのメンテナンスが必要

シーリングとは、外壁材の目地や隙間に合成樹脂などを充填し埋めることです。

この作業を施すことで目地から雨水の侵入を防ぐことができます。

しかし、シーリングは経年劣化するため定期的にメンテナンスが必要になる点がデメリットと言えるでしょう。

以上が、窯業系サイディングのメリットとデメリットです。

 

最後に、サイディングボード自体の寿命は約30~40年とされており、上記に記したように目地を充填するシーリングと防水加工のための塗装のメンテナンスが必要となります。

シーリングの補修の目安は7~8年、塗装の塗り替えは塗料によって耐用年数が異なりますが10年くらいが目安となっています😳

それぞれメンテナンスの時期と劣化の進行具合が異なり判断が難しいと思いますが、外壁塗装の際には足場の組立が必要となるため、シーリングと塗装の塗り替えを同時に済ませ足場代を節約するという方法もあります。

リフォームの手間も一度で済むため、同時補修するのがおすすめです。

サイディングボード自体が劣化してしまうと、ひび割れ・反り・剥離・カビなどの症状が現れてしまいます。

劣化症状を放置してしまうと修繕費用を高くなってしまうので、早めにメンテナンスをするようにしましょう。

外壁材は材質や種類によって仕上がりが異なりますが、それぞれの特徴や性質を比較し、施主様の納得のいくベストなものを選んでいただきたいと思います✨

本日も最後までお読み下さりありがとうございました😃🎵

外壁塗装・屋根塗装専門店 楽塗へようこそ

外装・屋根のプロが最適なご提案をさせて頂きます

株式会社楽塗

代表取締役 佐藤 秀幸

はじめまして。株式会社楽塗 代表取締役 佐藤 秀幸です。

楽塗は、東京都足立区・葛飾区を中心にお客様にご支持いただき創業以来地域密着の外壁・屋根塗装専門店です。塗装に必要な許可、資格、保険をしっかり取得。安心と信頼の技術力で施工いたします。

外壁・屋根リフォームをお考えの方へ、外壁・屋根塗装のプロがお客様にぴったり合ったご提案をさせていただいております。 東京都足立区・葛飾区にお住まいの方は、楽塗にお任せください!施工後も安心のアフターフォロー、お客様サポートを心がけております。

まずは、お住まいの現状を詳しく知るための診断を行いましょう。

  • 本店ショールーム

    • 本店ショールーム
    • 本店ショールーム
    本店ショールーム アクセスマップ
    本店ショールーム

    〒121-0055 東京都足立区加平1-23-9
    フリーダイヤル:0120-775-885
    TEL:03-6802-6134
    FAX:03-6802-6135
    営業時間 9:00~17:30 年中無休(お盆・年末年始除く)

    ショールームについて詳しくはコチラ

  • 青戸店ショールーム

    • 青戸店ショールーム
    • 青戸店ショールーム
    青戸店ショールーム アクセスマップ
    青戸店ショールーム

    〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-38-9ALFLAT101
    フリーダイヤル:0120-165-910
    営業時間 9:00~17:30 年中無休(お盆・年末年始除く)

    ショールームについて詳しくはコチラ

外壁・屋根塗装価格PRICE

アパート・マンションの塗装をお考えの方へ
来店予約 外壁塗装ショールームへお越しください。 外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! カラーシミュレーション 賃貸物件の外壁リフォーム お役立ちコラム 外壁屋根塗装専門店楽塗の採用情報

お見積・資料請求はこちらから

0120-775-885 受付 9:00~17:30(年中無休(お盆・年末年始除く))

お問い合わせフォーム

楽塗 足立区・葛飾区の外壁屋根塗装専門店 株式会社楽塗

〒121-0055
東京都足立区加平1-23-9
TEL:0120-775-885
FAX:03-6802-6135

足立区・葛飾区で大規模修繕、マンションの改修・外壁塗装・防水工事のことなら 大規模修繕・マンション改修サイトはこちら 足立区・葛飾区の火災保険の申請サポート 災害保険の窓口はこちら 地方創生SDGs官民連携プラットフォーム 建築用塗料メーカーのアステックペイント - 建築用塗料メーカーのアステックペイント|防水・低汚染・遮熱塗料 エシカルプロクールは屋根・外壁用水系樹脂の遮熱塗料です。 NCK株式会社 アドグリーンコート認定店 総合トップ | TOTO株式会社 総合トップ | TOTO株式会社