【足立区】散水検査ってなにするの❓|東京都足立区・葛飾区で外壁塗装・屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > 【足立区】散水検査ってなにするの❓

ブログ

【足立区】散水検査ってなにするの❓

2021年9月22日

こんにちは🙂

東京都足立区・葛飾区を中心に外壁塗装、屋根塗装、防水工事、屋根カバー工事を行っている楽塗です🎵

9月も下旬に差し掛かり、すっかり秋めいてきましたね🎑

さて、本日は『散水検査ってなに❓』をテーマにお話させて頂きたいと思います。

台風シーズンになり、お家の雨漏りに困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

まず、雨漏り修理で大切なことは、雨漏り箇所を特定することと適切な修理を行うことです。

雨漏りの原因を特定するための調査には様々な方法がありますが、必ず行わなければならないのが『散水検査』です。

【散水検査とは】

屋根や外壁などの穴や割れ目が侵入口となり、建物内へ雨水が侵入することで雨漏りが発生します。

この雨漏りを修理するには、まず侵入口を特定することがとても重要になります。

『散水検査』とは、雨漏りする箇所を特定する調査方法の1つです。ホースなどを使って雨漏りが疑われるヶ所に水をかけ、実際の雨の状況を再現することで雨漏りの原因を特定するのです。

 

【散水検査のメリット】

散水検査にはいろいろなメリットがあります。

 

さまざまな種類の建物の調査ができる

散水検査は鉄筋や木造、コンクリートなどさまざまな種類の建物の検査が可能です。

 

他の検査方法に比べてコストが抑えられる

散水検査に必要なのはシャワーホースと水道水だけで、水以外の原材料費がかかりません。ほかの雨漏り検査に比べて費用を安く抑えられる可能性が高いです。

 

雨漏りを再現できた場合は原因を特定できる可能性が高い

散水検査は実際に水を流して、雨漏りを再現する検査方法です。

雨漏りが再現できた場合は、雨漏り箇所を特定できる可能性が高いと言えます。

 

【散水検査のデメリット】

職人に技術力が求められる

散水検査はただ単に水をかければいい訳ではありません。

水量や水の強さ、かける方向などさまざまな雨の降り方を想定して水をかけ、雨漏りをチェックするのです。

調査する人の経験や技術力に左右されやすい検査方法と言えます。

 

調査に時間がかかることもある

散水検査は、原因箇所がある程度特定できていれば30分程度で検査可能です。

しかし、原因が特定できない場合は、いろいろな水のかけ方を試す必要があるため半日以上かかる場合もあります。

 

水道代が別途必要

基本的に散水検査は、検査する家の水道を使用して行います。

散水検査はにかかる費用とは別に水道料金が必要になります。

水道料金は検査時間によって変わるため、検査に長い時間がかかるほど料金は高くなってしまいます。

 

 

雨の日は検査できない

散水検査は天候によって左右されます。雨の日は検査をすることができません。

雨漏りは屋内の家具や設備を濡らすだけでなく、建物の基礎部分や住む人の健康にも被害をもたらすこともあります。

雨漏りが発生した時は放置することなく、適切に早めのメンテナンスを行うことが非常に重要だと思います。

 

楽塗では見積り・診断・点検など無料で行っておりますので、何か気になる事がございましたらお気軽にご相談お待ちしております✨


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。