シリコン塗料って何👀❔|東京都足立区・葛飾区で外壁塗装・屋根塗装をするなら株式会社楽塗

ブログ

シリコン塗料って何👀❔

2021年7月30日

こんにちは🎵

東京都足立区、葛飾区を中心に外壁塗装、屋根塗装、防水工事、屋根カバー工事を行っている楽塗です🏡

連日のオリンピック選手の活躍には感動させられますね😂

さて、本日は『シリコン塗料って何❓』についてお話していきたいと思います。

シリコン塗料には樹脂や顔料(着色剤)が含まれていて、希釈剤(水やシンナー)を混ぜて使います。

この樹脂の主成分がアクリル・シリコンなので、シリコン塗料と呼ばれています。

厳密にはアクリルシリコン塗料ですが、アクリルの部分は省略されて呼ばれています。

住宅用の塗料には、安価なものから順に【アクリル塗料】【ウレタン塗料】【シリコン塗料】【フッ素塗料】の4つのグレードがあり、シリコン塗料は、価格・耐用年数ともに4種類の中で2番目に位置しています。

シリコン塗料の耐用年数は、外壁塗装で10~15年屋根塗装で8から12年となっており、総合的に見てバランスが良く、外壁塗装では最も多く採用されています。

 

次にシリコン塗料のメリットとデメリットについてお話していきたいと思います。

【メリット】

①シリコン塗料の多くは光沢・ツヤのある仕上がりになり、汚れにくいため長期間美観を保つことができます。

②塗料の種類次第では、600℃前後の環境下でも耐えられる塗料も存在します。

③水を通しにくく、湿気や雨による建材の劣化を抑える効果が期待できます。

緻密に結合した分子構造の働きで、外壁の劣化を最小限に抑え、高い対候性(紫外線による劣化への抵抗力)を発揮します。

【デメリット】

①アクリル塗料・ウレタン塗料よりも価格が高い

②フッ素塗料よりも耐久性が低い

③シリコン塗料は、ほかの塗料に比べて乾燥後の塗膜が固いため、その分ひび割れが起こりやすい塗料と言えます。

湿度や水分で伸縮する素材への塗装や、振動が多い立地での使用には向いていません。

④シリコン塗料は、塗装箇所への付着力が弱く、素人が塗装するのは難しい塗料です。DIYには不向きと言えるでしょう。

以上の事からシリコン塗料は、価格と耐用年数バランスが良い事が分かります。

またシリコン塗料は、アクリルとシリコンを混合して製造されますが「シリコンの含有率」に関する規定がありません。

既存製品のシリコン含有率は、低いもので20%以下、高いもので45~65%程度となっています。

シリコン含有率は、塗料の性能に影響し、含有率が高いものほど防汚性や耐久性などが高くなり、値段も高価になる傾があります。

安価な塗料を選ぶよりも、耐用年数が長い塗料を用いて今後の塗装メンテナンス回数を減らす方が、経済的な可能性があります。

建物の高さによっては塗装の工事の度に足場代も掛かるため、寿命の長い塗料で施工する事で、結果的にコストを節約できる可能性もあるので、ご自分の家にはどういった塗料が適しているかを選択するのが理想的と言えます。

楽塗では、建物診断&お見積り作成は無料でご対応させて頂いております。

何かお家の事で気になる事がありましたら、是非お気軽にお問合せ下さい☎


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。