【足立区】遮熱塗料って本当にお得なの❓|東京都足立区・葛飾区で外壁塗装・屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > 【足立区】遮熱塗料って本当にお得なの❓

ブログ

【足立区】遮熱塗料って本当にお得なの❓

2021年6月26日

こんにちは(^^♪

東京都足立区・葛飾区を中心に外壁塗装・屋根塗装・防水工事・屋根カバー工事を行っている楽塗ですm(__)m

今日は日になりましたね☀

いよいよに行きたい季節となりました🌊

さて、本日は『遮熱塗料って本当にお得なの❓』をお送りさせて頂きます!!

実際気になりませんか?遮熱塗料って本当にお得なのか・・・

結論!お得です❣❣

なぜお得なのか、見ていきましょう(^^♪

遮熱塗料は、簡単に言うと「太陽光を反射し室内温度の上昇を抑えてくれる塗料」です。

正式名称は「高日射反射率塗料」という名前です!

2011年に日本塗料工業会によってJIS K 5675 という工業規格ができました。

この規格にそっている塗料は、省エネ商品として国や自治体から推奨されていて、助成金が出たりします。

 

実際遮熱塗料を塗ると何度ぐらい下がるのか、こちらは一番気になるところです。

環境省の調査結果をもとにみると、夏場の室内温度を1.8℃ほど抑制するというデータがあります。

体感だと2.0℃ぐらいになります。これを冷房代に換算するとだいたい年間で1,800円ぐらいの削減になる、

という調査結果でした。あれ?意外とお金に換算すると少なく見えますね・・・

 

次にきになるのは、耐久性ではないでしょうか?

遮熱塗料の耐用年数はシリコンの場合、8年~12年程度になります。

日本ペイント・アステックなど様々ありますが、だいたい横並びの年数です。

 

あれ?あまりメリット感じないかも・・・と思われた方、読むのやめるのはまだ早いです。

メリットはここからです!

【遮熱塗料のメリット】

室温の上昇を抑えることができる

前途しましたが、遮熱塗料の効果の一つとして、「室温の上昇を抑えることができる」というメリットがあります、屋根や外壁に熱がこもらなくなり、室内の温度上昇を抑制します。

塗料メーカーや環境省の遮熱塗料による施工面の表面温度の、室温の上昇効果に関するデータをご紹介します。

●遮熱塗料を塗布した場合、非塗布の場合と比較して

☛表面温度は平均8℃~10℃下がる

☛室温は平均2℃~3℃下がる

というデータがあります。これは結構すごい事です。

 

省エネ・節電に繋がる

メリット2つ目は「省エネ・節電」に繋がるという事です。

実際夏の日中に一般家庭で消費する電力のうち58%を占めるのが、エアコンによる電力になると言われています。

しかもエアコンは稼働に伴い、CO2も多く排出されいます。

ですが、遮熱塗料で室温の上昇を抑えることでエアコンの使用量を10%~20%ほど削除することができます。

電気代に換算すると、およそ1,000円~2,000円/年くらいの効果と見積もることができます。

結果的には間接的に地球環境に良い、CO2削減に協力ができるという事になります。

 

建材の熱損傷防ぐ

遮熱塗料のメリットは、建材の熱(太陽光)での劣化を防ぐことができます。

屋根材・外壁材は熱の作用で劣化が起こり、耐用年数が短くなります。

遮熱塗料の表面温度の上昇を抑制する効果によって、熱(太陽光)の作用を軽減しますので、熱の作用での劣化を抑制することが可能です。

※外壁や屋根は、熱(太陽光)以外にも、雨水、風、雪、地震、など様々な要因で劣化します。

 

助成金の使用ができる

足立区・葛飾区では、遮熱塗料における塗装で、助成金が給付されます。

そのため、通常よりもお得に塗装ができます。

助成金ブログはコチラ

 

なるほど・・・・メリットは何となくわかりましたね!

メリットがあればデメリットもあります。

 

【遮熱塗料のデメリット】

一般的なシリコン系塗料より若干高い

遮熱塗料は特殊な機能になりますので、一般的な塗料よりも若干高くなります。

 

塗膜そのものの耐久性は変わらない

遮熱塗料(シリコン)も一般的なシリコン塗料も耐久性に差はありません。

結構勘違いされている方もいらっしゃる部分ですが、遮熱はあくまで機能であり耐久性ではありません。

耐久性を上げるのであれば、フッ素など更に上位の材料をおススメします。

 

劣化や汚れると遮熱性能が落ちる

塗りたては綺麗ですが、年数とともに汚れたりします。そうすると汚れにより反射率が下がる為、

遮熱性能が落ちていきます。遮熱性能を長く持たせるには、低汚染(汚れに強い)タイプの塗料がおススメになります。

 

断熱効果はない

遮熱塗料には断熱性能はありません!

あくまで外の熱を中に伝えないという部分に着目している塗料になります。

断熱もセットで欲しい場合は、遮熱と断熱の性能を持った塗料を選ぶ必要があります。

 

いかがでしょうか?

遮熱塗料のメリット&デメリットはこれで何となく伝わったかと思います。

楽塗は、助成金申請のお手伝いもさせて頂いております。

建物診断&お見積り作成は無料でご対応させて頂いております。

皆様からのお問合せお待ちしております!(^^)!


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。