【足立区】窓にカビが生える・・・・|東京都足立区・葛飾区で外壁塗装・屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > 【足立区】窓にカビが生える・・・・

ブログ

【足立区】窓にカビが生える・・・・

2021年6月21日

こんにちは(^^♪

東京都足立区・葛飾区を中心に外壁塗装・屋根塗装・防水工事・屋根カバー工事を行っている楽塗です(^^♪

今日は天気も良く、気温もぐんぐん上昇してますね☀

しかし、雨時期などは換気も十分にできず・・・

窓周りが・・・

カビだらけ・・・

なんてことはないでしょうか?

窓がカビだらけになる理由は、結露が考えられます。

結露は放置しているとカビが生えはじめ、室内にもカビの胞子が飛んでアレルギー疾患を引き起こします。

今回はそんなん窓がカビだらけにならいようにする方法をお伝えさせて頂きます。

 

【原因は?】

原因は主に結露です!!

結露は外気温と室温の温度差により発生しますので、できるだけ温度差が起こらない様に、設備などで対策することができます。

 

【窓の掃除方法】

窓がカビだらけの場合、特に多いのはサッシや窓の周りになると思います。

サッシが木製以外であれば、カビの除去は簡単にできます。

市販のカビ除去剤をつけてふき取るだけです!

木製サッシやゴムパッキンは難しいです・・・

 

【木製サッシのカビ掃除の方法】

木製サッシは和室などで使われ、天然素材になりますので柔らかい印象になりますが、

結露には弱く注意が必要です。

カビが少ない初期段階であれば、エタノール消毒で拭き取ればほとんど落とすことが可能になりますので、見つけたらすぐに対応することがこのましくなります。

もしカビだらけになってしまった場合は、木材用のカビ取り剤を使用します。

カビ取り剤は、洗浄力が協力なので木製サッシを傷める可能性もあります。

カビだらけになってしまう前に結露対策をしたり、結露はふき取っておくこと心掛けましょう!!

 

【ゴムパッキンのカビ掃除】

窓はサッシとガラスの結合部分にゴムパッキンが使用されます。

ゴムパッキンはカビが発生すると隙間などに根を伸ばすので、落とすのが大変になります。

軽いうちだと、泡やジェル状の洗剤が流れ落ちないタイプのカビ取り剤を使用して落とします

洗剤はそのまましばらく放置してから拭き取ると良いです。

それでもしつこく残ってしまう場合は、交換がベストです。

費用としてはだいたい15,000円~ぐらいになります

 

【カビの発生を防ぐ方法】

①樹脂サッシに交換

サッシは断熱性が高い順に樹脂サッシ→樹脂+アルミ複合サッシ→アルミサッシになります。

戸建て住宅に多いのはアルミサッシになります。樹脂サッシに交換することで結露の防止になります。

ただ樹脂サッシは価格が高いという面もありますが、長い目で見ると断熱性の部分で、生活が快適になります。

②二重窓を取り付ける

結露を軽減させる方法として、窓を二重窓にすることです

二重になる事で、断熱性が高まり結露の防止対策になります。

③結露はすぐにふく

結露はしっかりとふき取る。

T字型の水切りがあると楽に水を切れます。

窓の下にタオルをひいて水を切り、そのあとサッシや壁付近を乾いたタオルで拭いておくとよいです。

④換気する

換気することも非常に重要です。24時間換気システムがあると、強制換気ができますが、

ない場合は、定期的に窓を開けて空気の入れ替え必要になります。

クローゼットや押し入れもあけて通気性を良くして換気を行います。

 

お金をかけずにまずは対策をするのが一番です。

③と④はすぐに実践できるものになりますので、是非取り入れていきましょう!

楽塗は窓の交換も対応可能です!

建物診断&お見積り作成は無料でご対応させて頂いております。

お気軽にお問合せくださいm(__)m

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。