【足立区】屋根塗装できない屋根材・パミール!|東京都足立区・葛飾区で外壁塗装・屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > 【足立区】屋根塗装できない屋根材・パミール!

ブログ

【足立区】屋根塗装できない屋根材・パミール!

2021年3月18日

こんにちは(^^♪

東京都足立区・葛飾区を中心に外壁塗装・屋根塗装・防水工事を行っている楽塗です。

今日は朝は少し肌寒かったですが、気温が上がり18℃ぐらいまで上がるみたいですね!

最近、塗装ができない屋根のご相談が増えておりますので、塗装のできない屋根についてお伝えさせて頂きます。

今回はニチハのパミールという製品についてです!

パミールという商品名の屋根材は、1996年~2008年にニチハさんが製造したスレートの屋根材になります。

10数年程度でパリパリと剝れたり、端部がミルフィーユ状に割れたするのが劣化の特徴になります。メーカー保証は数年程度になりますので、実際に劣化が目立ってくるタイミングとは少々ずれます。

まずはパミールでみられるよくある症状を確認していきましょう!!

① 屋根材の先端が白っぽくなる

→これは剝離する少し前の状態で、劣化初期になります。

②層間剝離

→パミールの代表的な特徴で、ミルフィーユ状にパリパリと剝れます。

進行すると雨水が侵入しひび割れや腐食の原因になります。

③屋根材のずれ

→釘の腐食や欠損によって屋根材のズレが発生します。

④ひび割れ

→パミール内部に水が浸入すると劣化によって強度が下がり、ひび割れが発生します。放置すると完全に割れて落下します。

 

パミールは塗装できない!

パミールは塗装をしても塗装面ごとに剝がれるので、意味がありません。

劣化が進行している場合は、高圧洗浄の水圧に耐えられず剝れが起こる場合があります。

 

リフォームする場合はカバー工法か葺き替え

パミールのリフォーム方法は、カバー工法か葺き替えになります。

カバー工法は、もともとある屋根に上から新しい屋根を被せる方法になります。

金属屋根を採用するケースが多いです。葺き替えよりも施工費用が抑えられます。

 

屋根の確認は、購入時の設計図などに記載されている事がありますが、ない場合はご自身で屋根に上がっての確認は危険ですので、注意が必要です。業者に依頼するか、建築会社に問い合わせするようにしましょう!!

 

建物の外壁塗装・屋根塗装・屋根カバー工事などご検討ございましたら、

是非楽塗までお問合せくださいm(__)m

建物診断&お見積り作成は無料でご対応させて頂いております。


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。