外壁はなぜ傷む??(‘_’)|東京都足立区・葛飾区で外壁塗装・屋根塗装をするなら株式会社楽塗

ブログ

外壁はなぜ傷む??(‘_’)

2020年4月20日

こんにちは(^_^)/

本日はパートの山之内が投稿いたします!(^^)!

さて(^^♪表題の通り外壁はなぜ痛むのか?????

についてお調べしたのを自分なりにまとめましたので是非ご覧いただけたらと思いますm(__)m

 

【年数による外壁の劣化(経年劣化】

代表的な原因ですね。経年劣化は、外壁塗装を行う一番の理由でもあります。
家が建ってからの年数とともに外壁に使われている材料も劣化していき、外壁全体が弱くなっていきます。

この経年劣化を放置してしまうと建物の倒壊を招く恐れもあります。
外壁の劣化を防いだり遅くしたりするために外壁塗装をする必要があるのです。

 

 

 

 

 

 

【雨や風による外壁の劣化】

別の外壁劣化の原因として挙げられるのが雨や風です。
家の外壁は常に雨や風にさらされています。
直接雨や風が吹きつけるのももちろん外壁を劣化させますが、雨や風が運んでくるほこりや汚れも外壁を傷つけたり耐用年数を短くしたりする原因になります。
防水性の低い外壁にはコケやカビが繁殖してしまうこともあります。
この場合、良く外壁を洗浄したうえで外壁塗装することが必要になるでしょう。

 

 

【紫外線による外壁の劣化】

経年劣化や雨や風の劣化は有名ですが、外壁劣化の原因として見えない敵も潜んでいます。
それが紫外線です。
人間の肌にも紫外線は悪影響を与えますが、外壁も同様です。
紫外線が外壁に与える影響は非常に大きく、紫外線が良く当たる南側の壁は、北側に比べ早く劣化します

 

~劣化によって現れる外壁と症状の対策は一体・・・???~

外壁のチョーキング現象

外壁のチョーキング

紫外線などが原因のチョーキングは、外壁の劣化のもっとも初期段階の症状です。
外壁塗装をすると塗料の塗膜が形成され、顔料や外壁自体を守ってくれます。

しかし数年から十数年経つと、塗膜の劣化によって顔料が表面に出てきてしまいます。
顔料自体は粉末状のものなので、手で触ると手に壁と同じ色の顔料が粉のように付着するのです。
チョーキングが発生しているということは、塗膜がすでになくなってしまっていて外壁が守られていないという事です。

ですからチョーキングが見られれば外壁塗装のタイミングということになります。
チョーキングは自分で壁を触ってみればすぐにわかることなので、外壁が劣化しているかどうか心配という方は試してみるとよいでしょう。

もちろんチョーキングが出たからといってすぐに壁が壊れるということはありませんが、素早い対応によって外壁へのダメージを減らすことができます。
対策は、細かい顔料をすべてきれいに洗浄した後に外壁塗装をすることです。

もしチョーキングをそのまま放っておくと、外壁自体も劣化してしまうことになります。
自宅の壁でチョーキングが起きていたならすぐに対策を講じましょう。

 

外壁のクラック(ひび割れ)

外壁のクラック

クラックとは壁のひび割れのことです。
クラックの原因は様々で外壁の収縮、地震、振動などが考えられます。
幅が1mm程度のクラックであればまだ問題ありませんが、1mmを超えるクラックの場合には雨水の侵入によって外壁が劣化する恐れがあります。

たかがクラックと思わず、すぐに対策を練りましょう。
コーキングを充てんすることでクラックを補修することができます。
またクラックに対する別の対策としては、弾性塗料で外壁塗装をすることも挙げられるでしょう。

 

 

外壁のコーキングの劣化

コーキングの劣化

家の外壁にサイディングを使っている場合には、サイディングボードをつなぎ合わせるためにコーキングが用いられていることでしょう。
このコーキングは塗料とは異なり、6年から10年程度で劣化してしまいます。

クラックが発生して雨水侵入の原因ともなり、ひいては外壁の劣化へとつながっていきます。
外壁塗装を依頼するときにはコーキングの打ち増しや打ち直しもセットで頼んでおくと、外壁をより長持ちさせることができるでしょう。

 

外壁のコケ・カビ

外壁のコケ・カビ

外壁の中でも特に湿気の多い部分にはコケやカビが生えてきます
家の北側の壁は湿気が原因でコケやカビが知らないうちに生えてしまっていることがあるものです。

コケやカビは一見何の害もなさそうに見えますがそうではありません。
外壁はコケやカビによって浸食され、防水性が十分に発揮できなくなってしまいます。
すると水をはじくことができないため、さらにコケやカビがさらに生えていってしまうのです。

対策としては外壁塗装の際に高圧洗浄機による洗浄を依頼するということが挙げられます。
しっかりと掃除して、外壁に繁殖するコケやカビを取り除いてから外壁塗装をするようにしましょう。

 

外壁の劣化・症状が進む前に外壁塗装を!

外壁の劣化は、対策が遅くなればなるほど修復に時間がかかります。
チョーキングは外壁の劣化の初期症状ですが、チョーキングを放っておくとクラックが発生し、クラックを放っておくと雨漏りが発生することになりかねません。
また、コケやカビは外壁の見栄えを悪くするだけではなく、外壁の防水性を下げてしまうことで、経年劣化を進めてしまいます。

もし雨漏りが発生したら修復には数十万円、もしくは百万円以上の費用が必要になります。
そうならないために、チョーキングなどの初期段階で迅速に対応して外壁の劣化を防ぐ事が大事です☆

 

うちの家はどうかしら???

と心配や不安を抱えてるお客様(>_<)

現地診断・お見積り無料で行っておりますので

まずは弊社にお問合せを(/・ω・)/♫

 

最後までご覧いただきありがとうございました(>_<)


最新記事一覧

今日の塗装&研修

2020年10月23日

ガチン固のご紹介

2020年10月22日

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。