きれいな外観を保つ!外壁塗装を行うタイミング|賃貸物件の外壁リフォーム|column|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > column > 賃貸物件の外壁リフォーム > きれいな外観を保つ!外壁塗装を行うタイミング

きれいな外観を保つ!外壁塗装を行うタイミング

外壁塗装できれいな外観を保つ

賃貸物件を運営しているのであれば、特に外観にはこだわることでしょう。
いくら設備がしっかりしていたり内装が美しくても、外観のレベルが低いと入居者は納得しませんし、新たな入居者を見つけることは困難です。
よくある話として、空室が多かったけれど外壁塗装をして外観をきれいにすると入居希望者が集まったという話も聞きます。
ですから外壁塗装などのメンテナンスは是非とも行うべきでしょう。
しかし、どのタイミングで外観をきれいにするための外壁塗装をするかを見極めなくてはいけません。
当然劣化が見られた場合に行うのですが、劣化といっても様々あり、進行レベル次第で施工すべきかどうか変わってきます。
新築した直後や塗り替えた後は当然艶がありますが、徐々に艶がなくなってしまいます。
しかし「艶がなくなってきた=外壁塗装をするべき」というわけではありませんし、その後は徐々に変色がはじまります。
変色具合にもよりますが、このレベルでもまだ外壁塗装は早いかもしれません。
もちろん早めに行っても良いのですが、お金は無限ではありませんから、コストパフォーマンスについても考えるべきでしょう。
外壁塗装できれいな外観を保つ

きれいな外観を保つために外壁塗装をするタイミングを見極めよう

色が変わってくると、今度はチョーキングによる現象が起こるはずです。
チョーキングについては外壁を触ってみると分かり、手で触って白い粉のようなものが付着するかどうかが判断基準でしょう。
この状態で外壁塗装を行わないで放置していると、今度は外壁にヒビが発生する恐れがあります。
できればこの段階までには塗り替えを実施することが望ましくて、まだ放置しているとより悪化して外壁がはがれてしまうといった被害も出てくるでしょう。
放置しすぎていて、結果的に外壁以外の部分にも被害が出てくる可能性もゼロではないと思われるので、適切なタイミングを把握すべきです。
一戸建て住宅だったとしても適切なタイミングで外壁塗装をすべきですが、賃貸物件だと住人のためにもよりしっかりとメンテナンスをしなくてはなりません。
目安になる年数は使用する塗料の種類や環境にもよるのでまちまちです。
塗料の寿命というのはあくまで目安ですから、諸条件によって変わるので、外壁の様子を常にチェックしておくことが大切です。
施工する業者の腕によっても寿命は大きく変わりますので、信頼できる業者を探してください。
きれいな外観を保つために外壁塗装をするタイミングを見極めよう