賃貸物件の外壁塗装で重要な面積効果|賃貸物件の外壁リフォーム|column|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > column > 賃貸物件の外壁リフォーム > 賃貸物件の外壁塗装で重要な面積効果

賃貸物件の外壁塗装で重要な面積効果

外壁塗装で直面する面積効果とは?

より入居者が興味を持ってくれるように、思い切って賃貸物件の外壁塗装をしようと思った場合、事前に「面積効果」について知っておくべきです。
この面積効果を知らないと、自分の思っている色と実際に物件に塗装された色が食い違ってしまうことがあるのです。
後悔しない外壁塗装の為にも、面積効果について知っておきましょう。
そもそもこの現象は、色見本で見たサンプルの色と、実際に塗装された色が違って見えることによる現象です。
一般的に、面積が広くなればなるほど、色は明るく、そして薄く、クッキリ見えます。
白い紙の一部に色見本が印刷されているだけならば、周りの白い色との対比で濃く見えます。
逆に広い面積に同じ色が続いていると、薄く見えるという人間の錯覚がそこにあるのです。
落ち着いた感じの色を選んだつもりであっても、いざ出来上がった外壁を見てみると、思った以上に明るかったという例もあります。
さらには色見本では素敵に見えたものの、面積効果のせいで近所から苦情が来るほどの派手な色になったというケースもあるのです。
面積効果対策をしておかないと、せっかくの外壁塗装がトラブルのオンパレードになるかもしれません。

外壁塗装で直面する面積効果とは?

面積効果をふまえた色の選び方について

では、こうした面積効果を踏まえたうえで、自分の考えとのギャップに直面しないためにはどうしたらいいのでしょうか。
まず基本的には、上記のような面積効果をしっかりと把握し、色見本を見る際にもそのことを差し引いて考えるのです。
ただ、これは色彩に関する知識も必要ですし、やっぱり実際に塗装される色とイメージする色は若干異なってしまいます。
より確実に外壁塗装された色がどんな色になるのか事前に確認したいのであれば、すでに建築されているいろいろな家やアパートを見て回り、どんな色が好きなのか決めておく方が良いでしょう。
実際に外壁塗装されている物件と同じ塗料を使用することによって、イメージと現実とのギャップを最小限にとどめることができます。
自分の中のイメージをより固めるためにも、外壁塗装を考えるときにはできるだけ多くの建物を参考にすることがオススメです。
そもそも、太陽の自然光と、室内の蛍光灯などでは、その光の明るさや質に大きな違いがあります。
もし本当に後悔しない外壁塗装をしたいのであれば、色見本の冊子だけを見て判断するのではなく、ここに記載したような内容をふまえて考えるのが良いでしょう。

面積効果をふまえた色の選び方について