入居率をアップするマンションの外壁塗装の色選び|賃貸物件の外壁リフォーム|column|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > column > 賃貸物件の外壁リフォーム > 入居率をアップするマンションの外壁塗装の色選び

入居率をアップするマンションの外壁塗装の色選び

入居率を左右する外壁塗装の力

自分が持っているアパートの入居率がなかなか伸び悩んでいる…という悩みを持っている物件オーナーも数多くいることでしょう。
内装や賃料面でも努力しているのになんで入居率が低迷しているんだろう…それはもしかしたら外壁塗装が不十分なのかもしれません。
人は見た目が9割、と言われていますが、賃貸物件も何より外観が大きく入居者からの評価に影響してきます。
しっかりと内面を評価してもらえるように、まず選んでもらうための外壁塗装が必要なのです。
また、外壁塗装の力は外観だけではありません。
もし外壁塗装がしっかりされていない場合、塗膜のはがれた部分やサビの部分から水分が入り込み、建物全体の腐食にもつながります。
そうすると建物の劣化が進み、アパート・部屋自体の資産価値が下がってしまうことになるでしょう。
確かに外壁塗装にはお金がかかることですが、メンテナンス費用をケチったために物件の資産価値を低下させてしまうようなことがないように心がけることが重要です。
そして塗り替え時には、塗料の色選びも大事になってきます。

入居率を左右する外壁塗装の力

入居率を上げるための色選び

では、実際にアパートの外壁塗装を行うにあたり、入居率を上昇させるためにはどういった色を選択するのが良いのでしょうか。
これは、入居者として想定している人たちの年齢層を把握する必要があります。
一般的に若い人は明るい色を好みますが、逆に高齢者層は落ち着いた、オーソドックスな色を好みます。
自分のアパートがどんな人を対象にしているのか、学生街のアパートなのか、住宅街のアパートなのかをきちんと把握しなければ、効果的な外壁塗装はできません。
具体的な例を挙げるとするならば、若年層向けであればクリーム色のうち黄色が強いものやえんじ色など、南仏風のおしゃれな感じの色遣いも人気です。
逆に高齢者層では定番のホワイトやベージュなどが人気です。
これらの年齢層による志向を把握することによって、より入居率を向上させることができるでしょう。
また、入居率を上昇させたい場合、外壁塗装を行う時期についても注意が必要です。
一般的なアパートであれば、外壁塗装には2週間から3週間ほどの期間を要することでしょう。
そんなときにちょうど入学式・入社シーズンなどの引越し時期にかぶってしまうと、いろんな物件を比較しているお客さんを獲得する意味では不利になってしまいます。
そういった時期の面も考慮の上、計画的な塗装を行うようにしましょう。

入居率を上げるための色選び