集合住宅を外壁塗装する際の注意点|賃貸物件の外壁リフォーム|column|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

集合住宅を外壁塗装する際の注意点

集合住宅の外壁塗装

入居率を上げるも下げるも外観次第!?賃貸物件として貸し出している不動産を持っているオーナー様は、どうしても一定年数ごとに訪れてしまうリフォームについて頭を悩ませている人は多いのではないでしょうか。
もちろんリフォームがしっかりとなされておらず、いつまでも古い環境のままでは、ちゃんと入居者が集まるかどうかはわかりません。
かといって、リフォームをしっかりと行おうとするならば、費用もかかってしまいます。
そんな中でも、特に外の人たちから見て評価されるポイントとして、外壁塗装について気にするべきではないでしょうか。
どんなに古いマンションであったとしても、毎年しっかりと外壁塗装がなされているマンションであれば、清潔感とともにクオリティを感じることができます。
しかし、外壁塗装をおろそかにしているマンションを見ると、それだけで残念な気持ちになってしまうものです。
このように非常に重要な外壁塗装ですが、とりわけマンションなどの集合住宅においては難しい課題が残されているのも事実です。
ここでは、集合住宅における外壁塗装の注意点を記載します。

注意点ごとの進め方

それでは、外壁塗装を行うために一番の注意点とは何でしょうか。
それは、塗装完了までに時間がかかる、ということです。
屋内の塗装などとも違い、露出部全般的に塗装を行うため、作業開始から完了までに多くの時間がかかってしまうのです。
そして二つ目の注意点としては、塗装を行っている間、入居者の理解を得なければならない、ということです。
確かに居住している人がいるマンションの住環境を良くするという大義名分があったとしても、現実的にはいろいろな意味で迷惑を住民にかけてしまうものです。
足場を組んで塗装をしている現場であれば洗濯物を干すこともできませんし、臭いの発生などによって、入居者に多大なる迷惑・不便をかけてしまうこともあります。
そういったことによって入居者とのトラブルになることがないよう、しっかりと事前に説明を行うことが重要でしょう。
基本的に注意点としては、業者によく工事の内容を確認することです。
どのくらいの期間工事をするのか、その工事期間中に住民のどういった部分が制限されてしまうのか、はたまた匂いの発生状況についてはどうなのか、これらは外壁塗装をするにあたり一番の注意点ではないかと思われます。
心地よい住環境を整備し、多くの入居者に満足してもらえるように取り組む必要があります。
工事期間はどのくらいか?臭いはどのくらい発生するか?どういった行動が制限されるか?事前にしっかりと業者に確認し、説明できるようにしておくことが大切