収益物件の外壁塗装をリフォームするタイミング|賃貸物件の外壁リフォーム|column|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > column > 賃貸物件の外壁リフォーム > 収益物件の外壁塗装をリフォームするタイミング

収益物件の外壁塗装をリフォームするタイミング

収益物件の外壁塗装について

外壁塗装は周期的に行うベきものだと理解している人は多いですが、収益物件も一般的な物件同様塗り替えは必須とも言えます。
外壁塗装というのはその建物の寿命を延ばすという意味合いを持っているのですが、それ以外にも見栄えを良くするという効果も持ち得ているでしょう。
もし通常の住宅であれば外壁が荒れていても少し恥ずかしいくらいですが、それが収益物件ですと収益に直結してしまいますから、先延ばしにするということはできません。
ですから外壁塗装をすべきタイミングが訪れた場合は、すぐにでも開始すべきだと言えます。
外壁塗装をすべきタイミングというのは使用している素材によって変わってきます。
多少違いはありますが、一般的にはクラックが発生した、カビやコケが出てきた、塗装がはがれているといった一見してわかるものもあります。
そしてチョーキングが発生しているなどの、直に触らないと分からない基準もありますので、注意深く定期的にチェックしてみることが大切でしょう。
しかし具体的なタイミングを知るというのは一般人にとってはかなり難しいものです。
ですから業者に点検をしてもらうと良いでしょう。
もちろん信頼できる業者であることが重要ですが、これで問題ないタイミングできちんと外壁塗装が行えるはずです。
外壁塗装をすべきタイミング・クラックが発生した・カビやコケが出てきた・塗装が剥がれている・チョーキングが発生しているetc…

使用している塗料によってタイミングは変わる!?

収益物件の外壁に使用されている塗料などはそれぞれ異なります。
まず吹き付け系の外壁であれば、5年から10年の間にはメンテナンスをすべきでしょう。
そして最近はサイディングボードを使う例も多いですが、この際は10年、そしてALCパネルであっても約10年ほどでメンテナンスをしたいです。
そして肝心の外壁塗装の塗料の耐用年数ですが、まず一番安価で手軽に行えるアクリル系のものは5、6年ほどの耐用年数、そしてウレタン系は10年程度。
シリコン系については15年程度、そしてフッ素系になると20年ほど維持させることができます。
当然これらは目安となるのでケースバイケースで変わってはきますが、目安期間を把握しておくというのは大事なことです。
収益物件の場合、こういった外壁塗装のタイミングでついでにリフォームを行うケースもあるでしょう。
入居者がいなくなると家賃収入が途絶えてしまうので、外見にもかなり意識することが重要です。
また防水的な意味合いでも外壁塗装は不可欠でしょう。
使用している塗料によってタイミングは変わる!?