マンションの外壁塗装工事の流れ|賃貸物件の外壁リフォーム|column|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

マンションの外壁塗装工事の流れ

マンションの外壁塗装について

マンションは一軒家の住宅やアパートとは違い大規模なことが多いので、外壁塗装を行うとなれば一苦労です。
自分が住んでいる家の塗り替えであれば準備すべきことはそれほど多くはないですが、賃貸物件の場合だと、事前に住人に対してアナウンスをしておく必要があるでしょう。
そういった面も含めていろいろと面倒なので、あらかじめ流れを勉強しておきましょう。
まずは根本的にマンションを外壁塗装すべきかどうかの見極めを行うことになります。
その内容によって経費計上の方法が違ってくることもあるため、それも意識しておきましょう。
外壁の塗り替えの必要アリ!となった場合、施工業者を選定することになります。
数千万円かかることも多々あるので、費用面も意識したいのですが、それ以上に注意したいのが実績や評判です。
安物買いの銭失いにならないように気を付けてください。
業者が決定すると具体的な日程の話をしますが、少し余裕を持たせた方が良いでしょう。
その理由は上記したように、住人にアナウンスをする必要があるからです。
告知不足だとトラブルになりかねませんので注意が必要でしょう。
マンションの外壁塗装を行う前に…☆本当に外壁塗装が必要か見極める⇒真摯な業者は不安を煽って無理やり施工するようなことはありません。☆住人に事前にアナウンスする⇒外壁塗装は臭いも出るため、お知らせしないと迷惑になりクレームに繋がります。

マンションの外壁塗装の流れはどんな感じ?

住人へのアナウンスが終了して工事を行う場合、基本的に一軒家の外壁塗装と同じ流れになります。
足場を組んで養生をしっかりと行い、その後高圧洗浄機を用いて徹底的に汚れなどを落とす作業をします。
高圧洗浄で落ちなかった汚れなどを取り去り、その後下地処理を行うことになるでしょう。
そして下地の調整作業をし、塗料を塗る作業に入ります。
塗料を塗る回数は物件によって変わってきます。
これらが終わると保護材を外壁に塗っていくのですが、これによって耐候性をアップさせるのです。
養生が甘いとトラブルになりかねないので、徹底した養生も業者のクオリティの一つ!その後、養生を取り外し、足場を解体して、辺りを清掃して終了といった流れです。
ケースバイケースで外壁塗料の流れが変わってくるので、その点は覚えておきましょう。
一軒家の外壁塗装だとスンナリと終わることが多いのですが、マンションの場合だと規模が大きい、住人が多いという理由で問題が起こりやすいです。
特に養生がしっかりとされていないことによって、駐車中の車が汚れる、傷がつくといったケースが意外と多いので、事前に養生の徹底を業者側に伝えておきましょう。
何か問題が生じた際にきちんと対応してくれる業者かどうかを確認するためにも、事前の評判のチェックは欠かせません。