賃貸マンションに多いALCパネルもOK!修繕を兼ねた外壁塗装|賃貸物件の外壁リフォーム|column|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > column > 賃貸物件の外壁リフォーム > 賃貸マンションに多いALCパネルもOK!修繕を兼ねた外壁塗装

賃貸マンションに多いALCパネルもOK!修繕を兼ねた外壁塗装

ALCパネルは賃貸マンションでもよく使われる!

外壁材としてよく使われているのがALCパネルですが、これは気泡コンクリートですので軽いというメリットを持っています。
数多くのメリットを兼ね備えていますが、実はデメリットもあります。
代表的なものは性質上破損しやすいというもので、劣化が見られたら悪化する前にメンテナンスをするべきでしょう。
その劣化状態次第では同時に外壁塗装をした方が良くて、それによって賃貸マンションの外観を向上させられ、さらに強度も上げられます。
まずALCパネルの修繕ですが、これは外壁の状態によって行うべき作業内容は変わってきます。
シーリング作業やALC補修材を詰める、フィラー作業などです。
修繕や外壁塗装をすべき時期が分からないという人がいますが、外壁の状態によりけりですので、業者に確認をお願いするのも良いでしょう。
ALCパネルは穴が開いてくることも多くて、原因のひとつとして考えられるのは施工不備でしょう。
ですから技術力がある業者に任せるべきで、そうでないとトラブルに遭ったり、思わぬ出費が発生するかもしれません。
そしてALCパネルの外壁塗装はその他の外壁素材以上に神経を使い難易度が高いため、一級塗装技能士がいる楽塗ですと安心して塗り替えができます。
ALCパネルは賃貸マンションでもよく使われる!

ALCパネルの外壁塗装について

ALCパネルの外壁を塗り替える際の手順を紹介していきます。
これは業者により多少の違いがあるかもしれないですし、住宅、賃貸マンションの状況次第で変わってくるでしょう。
はじめに足場の設置や専用の高圧洗浄機で汚れなどを洗い落とします。
この際に余分なものを取り除いておくことが大事で、それをおろそかにすると長持ちしません。
次に下地の調整作業や補修をし、それができると辺りを養生します。
ALCパネルが劣化していて修繕が必要ならきちんと補修しなくてはなりません。
そして下塗りをし上塗りなどを行い、その後仕上げ作業をして養生や足場を片付けます。
ALCパネルも他の外壁材の塗装と似た工程ですが、上記したように難しい面もあるので、確実に塗り替えを成功させるためにも信頼できるところに依頼すべきです。
外壁塗装をするリフォーム業者は日本全国に数多くありますが、しっかりとした技術を有しているところは意外と少ないです。
ALCパネルの塗装だとより施術力が必要ですから、修繕も塗装も同時に行うことができる楽塗がおすすめです。
ALCパネルの外壁塗装について