外壁リフォームによる空室対策|賃貸物件の外壁リフォーム|column|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

外壁リフォームによる空室対策

集合住宅の運営

集合住宅の運営
老後の生活のためにと投資用物件を購入したけど、空室率が高く、
ローンの支払いが生活を圧迫しているという人も少なくないようです。 
そこで集客力をアップし空き室をなくす対策が必要ですが、
物件の中を見なくても多くの人の目に止まる、
外壁を塗り直してリフォームするのが効果的です。
そこで、まず経営していらっしゃるマンションなど物件の立地や広さなどからターゲットを割り出します。
そして、それぞれのターゲットに人気の出るようにリフォームすることで、空室を減らすことが可能です。

あなたの物件はどのタイプ

持っていらっしゃる物件のタイプやエリアなどを分析して、
ターゲット層を絞り、どのようなリフォームが効果的かを考えましょう。

ワンルームなど単身向け物件

たとえば大学や専門学校の多く集まっているエリアに
ワンルームなど単身者向けの賃貸マンションやアパートを持っている場合。
一人暮らしの学生さんが多く集まっているので学生さんが好むような外壁にすると良いでしょう。
またワンルームの場合はシングルマザーやシングルファザーなど、
親子2人暮らしの方も借りるケースが少なくありません。
そのため単身者から親子二人でも使いやすく、違和感のない物件にしましょう。
学生さんの多いエリアの物件若者の好みそうな明るくポップな色使いの外壁に!
学生さんの少ないエリアの物件社会人が多いのでナチュラルトーンの明るめの外壁に!

2LDKなどファミリータイプの物件

1LDKや2LDKなどの集合住宅を持っていらっしゃる場合、
いくら学生さんの多い地域でも学生さんが借りてくれるとは考えにくいですよね。
そういった場合は「家庭菜園ができる」とか「キッズスペース」があるなど、
ファミリー層に人気の出るような付加価値をつけましょう。
また、外観は高級感のある落ち着いた雰囲気の外壁にリフォームするなどでアピールしましょう。
ファミリータイプの物件高級感のある質感で落ち着いた色の外壁に!

デザイナーズマンション

単身用でもファミリータイプでも人気の高いのですが、
一般的な賃貸マンションよりも1、2割家賃も高くなります。
東京都心で街の雰囲気もお洒落なエリアにある賃貸マンションの場合、
単身用・ファミリータイプともに非常に人気が高く、空室率は低いようです。

あなたの物件はどのタイプいずれのタイプの賃貸物件も外壁塗装リフォームなどで
外観のイメージを変えることで印象も良くなり、
空室対策となります。
また、建築物の耐用性をアップし長持ちします。
東京足立区周辺で集合住宅の外壁塗装なら
楽塗(らくと)までお気軽にご相談ください。
弊社は下請け会社を一切使わずに、完全に自社施工しているため、
高品質の外壁塗装をリーズナブル価格で実現しています。
外壁屋根塗装のことならなんでもお問い合わせください。