防水工事のウレタン防水とは?|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

ブログ

防水工事のウレタン防水とは?

2017年1月28日

防水工事を行う際には、屋根の形状といったものも重要な要素の一つです。
簡単に分類をすると、その屋根が「水平」か「傾斜」かという2つに分けることができます。
水平屋根の場合は、傾斜屋根と違い瓦などを用いて屋根に貯まる雨水を流し落とすといったことを行うのは難しいです。
そのため、バルコニーやベランダなどの水平な屋根を持つ場合は、屋根部分に防水層を形成するなど他の選択肢を取らなければなりません。

 

防水層を構成する工法のひとつに「ウレタン防水」があります。
ウレタン防水は最も主流といえる工法の一つであり、ウレタン樹脂の防水皮膜で漏水から守るというものです。

 

正式にはウレタンゴム系塗膜防水といい、液状化のウレタン樹脂を塗りつけて、散布した材料が化学反応を起こして硬化します。
その硬化したウレタンはゴム状で弾力性があり、また元は液体だったためつなぎ目のない一体性のある防水膜を形成することが可能です。

 

そのため、複雑な形状をした場所でも完全な防水膜を形成できることが大きなメリットの一つとして挙げられます。
緩衝シート、FRPなど他の防水材料と組み合わせる複合防水工法は、性能面、意匠面でも豊富なバリエーションと高い信頼性があり、下地の種類や形状によって様々な工法を使うことができるのです。

 

しかし、ウレタン防水層にはデメリットいくつが挙げられます。

・下地の乾燥不足や下地剤に散布の過不足があると、防水層が膨れてしまう。
ウレタンが気温などによって伸縮を起こし、それが繰り返されることによって塗装部分が膨れ、最終的に破けてしまうこともあります。
下地の乾燥具合をしっかり確認してから施工するのはもとより、保護コンクリート下地の残留水分などにも気を配らなければなりません。

 

・定期的なメンテナンスの必要性
ウレタンは紫外線や天候の変化に強い一方で、非常に柔らかいため物理的な損耗にはあまり強くありません。
そのため、ウレタンの上から耐久性を高めるためのトップコートが塗られています。
トップコートが剥がれてしまうと、次第にウレタンもその機能を失ってしまいますので、定期的なトップコートの再塗装が必要です。

 

ウレタン防水工法はこれらの点に注意し、適切な処置を行えば便利で汎用性が高い工法と言えますね。


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。