防水工事にも種類がある?~FRP防水のデメリット~|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > ブログ > お役立ち情報ブログ > 防水工事にも種類がある?~FRP防水のデメリット~

ブログ

防水工事にも種類がある?~FRP防水のデメリット~

2017年6月4日

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です!

 

防水工事といっても様々な素材があります。FRP防水のメリットの回でもお話ししたように、FRPとは繊維強化プラスチック(Fiberglass Reinforced Plastics)の略称で、ガラス繊維などの強化材(補強材)で補強されたプラスチック、という意味です。防水工事といっても様々な素材があります。

 

FRP防水のメリットの回でもお話ししたように、FRPとは繊維強化プラスチック(Fiberglass Reinforced Plastics)の略称で、ガラス繊維などの強化材(補強材)で補強されたプラスチック、という意味です。
今回はそんなFRPのデメリットについてお話しします。FRPであってもメリットばかりではありません。

 

1、紫外線に弱い最初にご説明した通り、基本的にプラスチック素材なので、長時間の紫外線に弱く、劣化してひび割れてしまうことがあります。そのため、定期的にトップコート(塗料の一つ で、塗装の上に塗布するコーティング材)を塗り直す必要があります。

 

2、木造の広いベランダ、鉄の下地には不向き密着度が高いFRPですが、伸縮性には優れていません。木の収縮により変形量が大きくなる木造のベランダでは対応できずにひび割れる可能性があります。鉄の場合はそもそも、FRP防水加工はできません。

 

3、臭いFRPは樹脂を使用しているため、硬化するまでに化学物質が発生します。この化学物質が強烈な臭いを発します。ご注意ください。
このようにデメリットを見ていくと、ご自分が検討されている建物には不向きであったり、匂いの問題で対策が必要であったりします。防水工事の素材には他にも様々なものがありますから、十分に検討していただきたいです。

 

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。

 

*********************************

是非、東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。