防水工事にも種類がある?~ウレタン防水の特徴~|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > ブログ > お役立ち情報ブログ > 防水工事にも種類がある?~ウレタン防水の特徴~

ブログ

防水工事にも種類がある?~ウレタン防水の特徴~

2017年6月2日

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です!

 

みなさんは防水工事を考えた際、どの素材を利用するのがいいか迷った経験はありませんか。
防水工事には様々な素材を使った防水加工がありますが、今回はウレタンとウレタン防水についてその特徴をお伝えしようと思います!

 

・ウレタンについて
まず、ウレタンといえばみなさん何を思い浮かべますか?
身近なものの中にはウレタンマットや、高反発のベッドに採用されている素材として利用されています。ウレタンといってもあまりピンとこないかもしれませんが、多くのウレタンと付く商品にはウレタン樹脂というものが使われています。これはポリウレタンと化学物質の化合物であり、ウレタンゴムとも呼ばれています。

 

ウレタンマットはこの樹脂(ゴム)と他の物質を混ぜてできた泡の層を利用しています。
一方、ウレタンの防水加工では樹脂と物質が混ざった際に硬化し、ゴム状で弾性のある防水層が出来上がり、それを利用しています。混ぜる物質が違いますが、発想は同じですね。

 

・ウレタン防水の特徴
マットを想像してもらえればわかると思うのですが、ウレタン防水の最大の特徴は、狭心部や複雑な下地でも継ぎ目のない完全な防水膜を形成できることです。これによってふくれの原因となる下地に含まれている水分を、外部に脱気させることができます。
そのため、屋上、解放階段、ベランダ、バルコニーなど様々な場所に活用されています。

 

いかがでしたか?
ウレタン防水の特徴を一言で言うなら隅々まで完璧に行き渡る防水膜の形成です。この膜がどのような効果をもたらすのかについての、メリットやデメリットを次回以降で説明していきます。

 

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。

 

*********************************

是非、東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。