防水工事にも種類がある?〜FRP防水の特徴〜|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > ブログ > お役立ち情報ブログ > 防水工事にも種類がある?〜FRP防水の特徴〜

ブログ

防水工事にも種類がある?〜FRP防水の特徴〜

2017年5月19日

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です!

 

今回は、実は様々な種類がある防水工事に関してお話ししたいと思います。今回は、実は様々な種類がある防水工事に関してお話ししたいと思います。
まず、どのような種類があるのかというと、主剤と硬化剤を撹拌して塗膜を施す「ウレタン防水」や、シート状に成型した合成ゴム系の防水シートを貼り付ける「ゴムシート防水」、塩化ビニール樹脂で作られた防水シートを接着剤などで貼り付ける「塩ビシート防水」、合成繊維不織布にアスファルトを含ませてコーティングしたルーフィングを貼り重ねる「アスファルト防水」など、実に多様です。

 

その中でも、現在最も注目されているのがFRP防水です。
・FRP防水とは?FRPとはガラス繊維強化プラスチックのことで、強度が高くて耐久性や耐候性に優れているのが特徴です。FRP防水工事の手順は、まず下地コンパネなどを平らにするサンダーケレンから始めます。

 

次に、水が溜まらないように角度をつけて排水用の穴をあけ、その穴にFRP製の排水ドレンと面木を取り付けます。その上から再度コーキングして、細かい隙間をなくして滑らかにします。この作業によって防水の強度が増し、見た目の仕上がりも美しくなります。

 

次に、密着を良くするためのプライマーを浸透させて塗布します。そして、ガラスマット貼りの一層目に入ります。寸法に合わせたガラスマットをFRP樹脂で密着させます。ガラスマットを密着させるときに、空気を抜くための「脱泡」を丁寧に行ってガラスマット貼りの一層目は完了です。同じ工程を繰り返して二層目も完了させます。

最後に、ガラスマットや樹脂を保護するためのトップコートを施して完成です。

 

・FRP防水の特徴とは?

まず、強度が高いので保護層が不要となり、直接露出防水として施工できます。

仕上がった防水層はシームレスで継ぎ目がないので、とても美しい外観になるのです。一言でいえば、防水層が軽量かつ強靭で、外観が綺麗に仕上がるのがFRP防水の特徴です。加えて、一日から二日で施工が完了するのも魅力なんです。

いかがでしたか?現在、FRP防水は主に木造住宅やバルコニー、屋上や下水施設などで使われています。他の防水工事とも比較しながら、検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。

 

*********************************

是非、東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。