防水工事にも種類がある?〜シート防水の特徴〜|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > ブログ > お役立ち情報ブログ > 防水工事にも種類がある?〜シート防水の特徴〜

ブログ

防水工事にも種類がある?〜シート防水の特徴〜

2017年5月26日

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です!

 

ベランダや屋上などは雨が直接あたりやすく、場所によっては雨水や湿気がたまりやすくなっています。そのため防水工事をしっかり行わなければ、雨水や湿気が建築資材に染み込んでしまい、家の強度や耐久性を損ねてしまうことにつながります。また、湿気はカビの発生を起こしやすくするので、カビによってアレルギーや喘息などを引き起こす可能性があります。
だからこそ家を守り、健康被害の原因となる物質を発生させないようにするため、防水工事を行うことが必要です。

 

防水工事にはいくつかの方法がありますが、よく行われる工法の1つが、シート防水です。
シート防水には、ゴムシートと塩ビシートのどちらかが使われる頻度が高いです。シート防水の特徴として、伸縮性に富んでいるので、シートを張り付ける建物などの伸縮性にも追随しやすいことが挙げられます。

 

防水シートを接着剤などで下地に張り付ける密着工法であることから、シートとの密着性が高いので上から計歩行をしても丈夫な耐摩耗性を持ちます。
また紫外線や熱にも強いので、太陽の光が直接あたるベランダや屋上などにも向いているのです。
部分的に劣化した場合も、使っていたシートの上から新たにシートを張り付ければいいだけなので、メンテナンスも簡単で工事もしやすいという特徴があります。

 

ただ、シート防水で使用するシートは溶融一体化しないので、凸凹な下地に使用すると破れてしまうことから複雑な形状のところには向いていません。平らではないところでシート防水をすると、シートとシートの結合部分が剥離を起こしてしまうので防水効果が得られない場合があります。

 

いかがでしたか?
上に挙げた特徴以外にも、他の防水工事よりも工事にかかるコストが安く、工事期間が短いという側面があります。そのため応急処置には最適な工事方法だといえます。しかし、使い終わったシートはリサイクルができず、種類によっては燃やすことによってダイオキシンが発生する場合もあるので、環境には優しくない面も頭に入れておきましょう。

 

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。

 

*********************************

是非、東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。