防水工事にも種類がある?〜シート防水のデメリット〜|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > ブログ > お役立ち情報ブログ > 防水工事にも種類がある?〜シート防水のデメリット〜

ブログ

防水工事にも種類がある?〜シート防水のデメリット〜

2017年5月28日

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です!

 

建物の防水工事には様々な種類があります。

建物の防水工事には様々な種類があります。

防水塗装、シート防水、FRP防水などがあり、大型のマンションなどの場合、改質アスファルト防水がされることがあります。

 

その中でも屋上や陸屋根に一般的に行われる防水工事は、防水塗装とシート防水です。どちらの防水工事も費用はそれほど変わりません。今回は比較する要素を提示する目的で、シート防水のデメリットと防水塗装のメリットをご説明しようと思います。

 
シート防水の耐久性は高いと考えられていますが、施工方法や塗装面によって作業がしにくいことや、複雑な形状には使用しにくいという点があり、耐久性が損なわれることがあります。平面への施工は良いのですが、凹凸のある面への施工は難しく、耐久性が均一でなくなることがデメリット言われています。

 
また、シートを接着するための特殊な接着剤を大量に使用するため、ベランダなどの使用では揮発した接着剤の成分が部屋に入り込むことによるシックハウスに注意する必要があります。

そして、シートが劣化すると継ぎ目部分に現れ、接着剤が硬くなり、剥がれやすくなります。シートが剥がれた部分から浸水すると劣化が急速に進み、建物にカビが生える原因にもなります。再施工をしなくてはならなくなった場合、剥がし手間が掛かるという難点もあります

 
他には、施工業者により接着剤の塗布にバラツキが出る、鳥害や衝撃に弱いといったデメリットが挙げられます。

それと比較して、どのような形状の場所であっても、むらなく作業が出来、補修が簡単なのが防水塗装です。

塗装はコストパフォーマンスが低く、シートのように継ぎ目がないため、剥がれの心配がないといえます。

 

防水塗装の場合、塗料の密着性を高めるための洗浄と下地処理を入念に行い、さらにプライマーで建物と塗料の密着性を高めます。

浸水を防ぐための作業が幾重にも行われ、その上で仕上げの防水塗料を重ね塗りします。防水シートに比べて風雨による衝撃を受けることがないため、塗料の耐久年数内であれば安心といえるでしょう。

 
いかがでしたか?シート防水と防水塗装にはそれぞれメリットとデメリットがありますが、今回はシート防水のデメリットと比較した防水塗装のメリットに焦点を当てました。

近年の塗料はシートを上回る性能を持つと言われています。日照条件などを考慮して最適なグレードの塗料を選ぶことが良いでしょう。

 

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。

 

*********************************

是非、東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。