防水工事にも種類がある?〜ウレタン防水のデメリット〜|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > ブログ > お役立ち情報ブログ > 防水工事にも種類がある?〜ウレタン防水のデメリット〜

ブログ

防水工事にも種類がある?〜ウレタン防水のデメリット〜

2017年5月31日

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です!

 

数ある防水工法の中でも今回は、ウレタン防水のデメリットに関してご説明します。数ある防水工法の中でも今回は、ウレタン防水のデメリットに関してご説明します。
ウレタン防水は下地を平らにしなくてもその上から塗ることができ、防水層があったとしても上塗りが可能であるなどの様々な面があり、それでいて安いことから人気となっています。しかし、メリットがあればデメリットもあるのが世の常です。

 
ウレタン防止のデメリットとなるのは、完全に均一にならないという点です。シート防水のように下地さえ平らにしてしまえば均一にすることが出来るのとは対照的に、それ以外の防水における均一にする作業というのは神経を使うものです。仮に均一にならない場合、材料の伸縮により、破断の恐れが出てきます。こうしたリスクをウレタン防水の場合には覚悟しなければなりません。

 
また、完全な外観にならないというデメリットも考えられます。下地を平らにしなくていいということは、そこまで下地について神経を使わなくていいということを意味します。すると、ロクに掃除もせず、すぐに作業を始めるケースが出てきます。すると、ウレタン防水の際に髪の毛などが付着し、塗りこんでしまうことがあります。見た目に良くないばかりか、その部分から劣化が始まるため、居住者にとってはあまりいい光景ではありません。だからこそ、委託業者選びは非常に重要です。

 

経年劣化や、亀裂に弱いのもデメリットです。完全に均一にならないため、破断が起こりやすいというのもありますが、それによる亀裂の発生も問題視されています。このため、定期的なメンテナンス費を視野に入れなければなりません。メンテナンスとしては、トップコートと呼ばれる保護材の塗り替えをすることがメインです。このトップコートがなくなるとその部分から劣化が始まるため、定期的なメンテナンスが大切です。

 
いかがでしたか?ウレタン防水のデメリットをカバーするには委託業者選びが重要です。また、劣化を塗り替えで防ぐために、お金を節約することなく、メンテナンスにもお金をかけることをおすすめします。そして、ウレタン防水は場所によって使用すべき材料が変わるため、そのあたりのことを疎かにしないというのも大事になります。

 

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。

 

*********************************

是非、東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。