足場の種類|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

ブログ

足場の種類

2016年8月17日

外壁塗装などの高所の作業を行う際には、必ず足場が組まれます。
この足場にいくつか種類があることはご存知でしょうか。

今回は、よく使われている足場を3種類紹介します。

 

 

まず1つ目が、くさび式足場です。
この足場は、素人でも施工することができる、とても簡単な足場です。
しかし、素人でも施工が出来るほど単純なものなので、中には悪いイメージを持っている人もいるかもしれません。

 

ただし、ウインチやロープの基礎などをしっかりと押さえた職人が施工することによって、安全面・技術面に関して心配する必要はなくなります。
この足場は、慣れれば短時間で素早く組むことができるので、時間が限られている時には良い足場ではないでしょうか。

 

 

次が単管足場です。
この足場は、直径48.6mmの単管と呼ばれる鉄パイプを組み合わせて建てられる足場のことを指します。
単管足場は、縦横の幅をある程度自由にきめることができるため、狭いスペースにも建てることができるのです。

 

また、この足場は、金具をかみ合わせ、ボルトで締めることによってパイプ同士を接続する足場として使ったり、足場板を渡すための枠組みとして使ったりする仮説足場でもあります。
この足場の弱点は、工期が長くなったり、部材の一つ一つが重くなってしまうことです。

 

 

最後は、吊り足場です。
この足場は、その名の通り、足場板を鉄パイプやチェーンなどで吊り下げることによって利用する足場のことを指します。
高度のある建物や高架など、少し特殊な建物に使用されることの多い足場でもあるのです。

 

安全確保のために安全ネットなどが併用されることが多いのが特徴です。
また、吊り下げられているだけなので、他の足場に比べて格段に不安定な状況に陥ることがあります。

 

 

一言で足場と言っても、様々なものがあります。
今回紹介したのは、3種類だけですが、実際にはたくさんの種類があります。
作業環境に合った足場を建ててもらえる業者を選ぶようにしましょう。


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

足場の種類

2016年8月17日

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。