耐用年数の長い塗料を選ぶメリット・デメリット|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > ブログ > お役立ち情報ブログ > 耐用年数の長い塗料を選ぶメリット・デメリット

ブログ

耐用年数の長い塗料を選ぶメリット・デメリット

2016年10月21日

耐用年数の長い塗料を選ぶことは結果的に、どの塗料にもつきものなデメリットに勝るメリットを得ることにつながります。

まず、塗り替えの工事をあまりしなくても良いというのは特に大きなメリットです。
塗り替え工事というのは色々負担がかかるものですから、工事の回数が少なくなるというのは大きな利点となります。
塗り替え工事をするとなるとそのたびに何十万から百万円単位でお金が出て行くことになりますから、出費の面で何度も塗り替え工事を行うのは負担となってしまいます。

更に金銭的な負担だけでなく工事をしている時には生活が不便になりやすいもの。
日常生活面での負担も大きくなってしまうわけですが、耐用年数の長い塗料を選ぶとこのような負担も減らすことができます。

また、思わぬ外壁の劣化を防ぐことができるというメリットも。
耐用年数の長い塗料とはすなわち、耐久性が優れているものです。
安い塗料だと駄目になってしまようなトラブルが発生した時にも、耐用年数の長いものであれば劣化をせずに済むということがあるのはこのためです。
予想外の塗り替え工事が必要になってしまったということが避けられるのも利点となっています。

一方のデメリットには、施工価格が高くなりやすいという欠点がまずあげられます。
耐用年数の長い塗料は塗料の価格が高いこと、塗装に手間がかかることが多いため、その分施工価格が高くなってしまいます。
これが、一時的な出費は耐用年数の短いものと比較をした時に増えてしまうという欠点です。

次に耐用年数が長いということはそれだけ長期間塗り直しをする必要が無いということになるのですが、それはずっと同じ外壁の色で在り続けるということになります。
そのため、最初の頃は良くても長期間同じ色であった場合外壁の色に飽きる可能性はなきにしもあらずです。

このようなデメリットはあるものの、総合的に見た場合にはメリットが勝ります。
長く付き合っていく家の壁だからこそ、塗料選びには耐久年数の長いものをおすすめします。​


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。