窓の結露対策|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

ブログ

窓の結露対策

2017年1月23日

窓の結露は定期的に対策をとることが必要です。
これは結露を放置しておくとカビやダニが発生してしまい健康面の被害も心配されるためです。
また量が多くなると水滴が床に垂れ、窓だけでなく床などが濡れてしまうと言うことも起こり得るためでもあります。
床の材質によっては、濡れることで劣化が起こってしまうことも考えられます。

 

では対策としてはどのようなことが求められるのでしょうか。
まずは頻繁に雑巾などで拭き取ったり窓を開けて室内の空気を換気することが求められます。
雑巾で結露を拭き取るのは最も基本的な対策で、なおかつ簡単に行うことができる対策です。
ただ同じ雑巾で結露を拭き続けていると衛生的に良くないので、できれば定期的に雑巾も清潔に保つことが求められます。

 

雑巾で拭き取るのが面倒だと言う場合は、見た目的にはあまり良い物ではありませんが、新聞紙を利用すると言う方法が挙げられます。
新聞紙は吸水性が抜群なので、一気に結露を拭き取ることが期待できます。
しっかりと拭き取った上で結露の発生を防止する効果が期待できるスプレーを利用すると、より対策としては高い効果が期待できます。

 

冬の場合、暖房などを使用している室内と外気温の差で結露が発生しやすいので、定期的に換気をすることは結露対策としてはとても効果的です。
暖房を利用していると空気が乾燥しがちになるので、それを改善するためにも換気は良い方法です。
そして窓付近の湿気を残さないために専用のヒーターなどを活用し窓付近の温度を維持するのもおすすめの対策です。
専用のヒーターなどがない場合は、サーキュレーターや空気を循環させるための道具を利用して、暖かい空気を窓付近に送ると言うのもひとつの対策です。

 

更に室内の熱を吸収する機能があるカーテンを窓付近につけると言うのも、温度差を小さくすることから結露対策になり得ます。
これは室内の暖気が逃げるのを防ぐことも期待できるので、光熱費削減にも役立ちます。


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

窓の結露対策

2017年1月23日

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。