日本国内の住宅寿命|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

ブログ

日本国内の住宅寿命

2017年1月9日

マイホームを手に入れることが夢な人は多いですが、家を取得してからもメンテナンスなどを行う必要があります。
その理由は、日本の住宅の平均寿命は25~30年で海外の住宅と比較すると結構短いからです。
海外の住宅は、古いものの方が価値が高いと言われるくらい寿命が長いという魅力があります。

 

その理由は、海外の住宅では古くなっても建て替えるのではなく、こまめにメンテナンスをすることによって住みやすく改良しているからです。
劣化をしたら、業者にすぐ修理を依頼したり、自分たちで修理をするという文化が根付いているのです。
その一方で、日本ではDIYをする人たちが増えていますが、自分で家を補修することがほとんど行われてきませんでした。

 

補修をするときには専門業者に依頼することが一般的ですが、業者に依頼することによって高い修理費用が請求される場合があることから、そのまま補修をせずに住み続ける人が多くなっています。
しかし補修をせずに、劣化を放置しておくと、劣化は加速度をついて進んでしまいますから、結果的に寿命が短くなってしまいます。

 

このようなことから、日本国内の住宅寿命は外国と比べて短くなっています。
しかし日本国内の住宅であっても、外国と同じように寿命をのばすことができます。
住宅寿命を延ばすためには定期的なメンテナンスが重要となるので、家をたててくれた工務店や住宅メーカーに、家を引き渡してもらった後も連絡をして定期的に家の状態を確認してもらうようにします。
ホームセンターやリフォーム会社などでも家の状態を確認してくれるので、家の強度や劣化具合が気になったら早めに連絡をすることが大事です。

 

また一戸建てでなくマンションも、建設された年代などを確認することが必要です。
建てられた時代によっても強度や耐震基準に違いがありますから、古いマンションを購入する際には入念なチェックをすることが必要です。
マンションについては管理組合なども正常に機能しているかなどを確認すれば、修繕するときにも安心です。


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

日本国内の住宅寿命

2017年1月9日

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。