日本に伝わる羽目板~メンテナンス~|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > ブログ > お役立ち情報ブログ > 日本に伝わる羽目板~メンテナンス~

ブログ

日本に伝わる羽目板~メンテナンス~

2017年3月14日

墨田区で外壁塗装・屋根塗装・防水工事を行っている外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です。

 

羽目板の外壁塗装で重要となっているのがメンテナンス。
このメンテナンスをしっかり行うことで耐久性が非常に高くなるのです。
ここでは、メンテナンスの具体的な方法を取り上げたいと思います。

 

羽目板のメンテナンスには3つの方法があります。
1つめは通常の外壁の塗装方法で塗り替える方法。
2つめは木目の良さを活かしつつ、オイルステイン系の塗料を塗る方法。
3つめは羽目板の上からサイディングボードを貼り付ける方法です。
それでは1つずつご紹介します。

 

まず通常の外壁の塗装方法で塗り替える方法ですが、工程は通常の塗装と変わりません。
下地調整作業をしてから下塗り、中塗り、上塗りと進んでいきます。
羽目板では特に下地調整に時間をかけ、徹底的に旧塗料を落とすことに力を入れることが多いです。

 

劣化の激しい部分は張り替えを行うこともあります。
羽目板は張り替えが簡単なのです。
この方法で羽目板を塗装すると、素材が木であるゆえに塗料の吸い込みが多く、たくさんの塗料を使わなければなりません。
また、木目によって希望の色を出しにくいこともあります。

 

2つめの方法ですと、オイルステイン系の塗料を使用します。
オイルステイン系の塗料とは、浸透性で防虫性、防腐性の高い特殊塗料です。
これはたとえですが、ニスを想像するとわかりやすいと思います。
浸透性の塗料であるため剥がれにくく、羽目板の木目調のデザインを壊さない方法がこの方法です。

 

3つめは、サイディングボードを張り付けるという方法ですが、羽目板はせっかく塗装しても5年程度しか塗料が持ちません。
そのため、サイディングボードを張り付けることで長期的に維持することが可能になるのです。
しかし、羽目板のデザインを活かす方法であるとはいえません。

 

様々なメンテナンスの方法がある羽目板の外壁塗装。
希望に沿ったメンテナンスを行い、羽目板と長く付き合っていきましょう。

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも墨田区で外壁塗装・屋根塗装・防水工事を行っている外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。
*********************************

是非、墨田区で外壁塗装・屋根塗装・防水工事を行っている外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。