日本に伝わる羽目板~デメリット~|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > ブログ > お役立ち情報ブログ > 日本に伝わる羽目板~デメリット~

ブログ

日本に伝わる羽目板~デメリット~

2017年3月16日

墨田区で外壁塗装・屋根塗装・防水工事を行っている外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です。

 

素晴らしいデザイン性と優れた機能性を持つ羽目板の外壁塗装ですが、もちろんデメリットもあります。
メリットばかりというわけではないのです。
そこで、デメリットについて詳しくご紹介したいと思います。

 

羽目板のデメリットとしてまず最初に挙げられるのが、メンテナンスが必要だということではないでしょうか。
ほかの素材とは違い木であるため、塗料の吸い込みが激しいという特徴があります。
木材は動きがある素材であることも加わって、少なくとも5年に1度はメンテナンスとして塗装を行わなければならないのです。

 

ほかの外壁塗装であれば、それほど頻繁にメンテナンスをする必要はありません。
それゆえに、長期的にみるとコストが高くつくことになり、外壁のなかでも手間とコストがかかってしまう塗装方法となってしまいます。
このことが、羽目板の外壁塗装において1番大きなデメリットであるといえるのです。

 

そのほかにもいくつかのデメリットがあります。
たとえば、木材というのは日差しには特に弱い素材となっているのです。

 

また自然素材であるがゆえに、模様に若干のばらつきがあります。
それを個性だととらえ、少しずつ違うからこそ美しいという考え方もあるのですが、ばらつきが気になる人もいるのです。

 

また、先ほども少し触れましたが、木材は動きのある素材です。
昔の桶などを思い浮かべるとわかりやすいのですが、木材は水分を含むと膨張し、逆に乾燥すると収縮します。
その伸縮の度合いが激しいのも木材のデメリットなのです。
それに加えて木材は燃えやすい素材であることも挙げられます。

 

デメリットもある羽目板の外壁塗装ですが、メンテナンスをすることで補えたり、考え方を変えるだけでメリットに変わったりします。
しかし羽目板を利用する場合には、デメリットもきちんと理解する必要があるのではないでしょうか。

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも墨田区で外壁塗装・屋根塗装・防水工事を行っている外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。
*********************************

是非、墨田区で外壁塗装・屋根塗装・防水工事を行っている外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。