新築も外壁の確認を!|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

ブログ

新築も外壁の確認を!

2016年9月15日

新築物件と聞くと、完璧に各部位が作られていて、全く問題ないと考えてしまいがちですが、必ずしもそうでないことは頭に置いておきたいものです。
例えば外壁です。
外壁については設計の時に選んだ材料が間違いなく使われているかどうかや、仕上がり具合のチェックはしておくに越したことはありません。
想像していた色合いがイメージと違うというような場合、すぐに気をつける必要はないですが、基礎の立ち上がり部分と外壁材との境目あたりに傷が入っている場合などは、気づいたときに早く対処することを念頭に置いておきたいものです。

 

 

尚、新築の時期にはさほど心配はないですが、年数がたってくると見た目では分からなくても外壁塗装の耐久性は必ず落ちます。

何十年も新築当初のままで平気な外壁というのは存在しません。
また、劣化は放置しておくと劣化だけでは済まなくなるのです。
例えば、木材部分まで腐食が及んでしまったような場合、最悪のケースとして家が傾く恐れもあります。

 

 
また、家に隙間が出来ることで断熱性が低下し冷暖房が効かないといったことにもなってしまいます。
その結果、光熱費だけが上がり、夏は暑く、冬は寒い家になってしまいます。

 

 
外壁塗装は耐久性がなくなると、防水効果の低下、ひび割れが起きる、外壁内部の劣化、外壁内部の腐食などの状態を引き起こします。
従ってこういった状態を見つけた場合は速やかに修繕を行うことがベターで、定期的の業者に依頼して外壁の状態を確認してもらうこともベターです。

 

 

また、外壁にひびが入ったりしますと見栄えも悪くなり、それが影響して物件を売り出してもなかなか買い手が見つからないといった事態も引き起こしかねません。
従って費用の出し惜しみをすることなく、早めに専門の業者に修繕を依頼することがベターです。

 
修繕費をケチったために入居者が見つからないといった場合、オーナーさんの場合は収入も維持できなくなってしまったりします。


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。