断熱・遮熱塗料を利用したい部分って?|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > ブログ > お役立ち情報ブログ > 断熱・遮熱塗料を利用したい部分って?

ブログ

断熱・遮熱塗料を利用したい部分って?

2016年10月17日

今お住まいの家には、どれほどの断熱・遮熱のための工夫がされていますか。
断熱・遮熱の最も簡単な方法、それが塗料を使うことです。
外壁や屋根を張り替えたりすることなく、断熱・遮熱効果を得られます。

しかし、どこをどの程度塗ればいいのかというのはわかりにくいもの。
家全体を同様に塗るのではなく、適材適所、ポイントを抑えた塗り方をすることで、お得に断熱・遮熱をすることができます。

では断熱・遮熱を利用したい部分はどこなのでしょうか。
まず、家の中でも特に温度の影響を受けやすい場所が挙げられます。
例えば屋根裏部屋です。
屋根裏部屋は屋根材を隔てているだけの場合もあり、また、屋根には直接陽射しが降り注いでいるので高温になりがちです。
冬は逆に冷気の影響が強く出ます。
しかし屋根裏部屋のすぐ上の屋根に断熱・遮熱塗料を施すことによって、屋根裏部屋が蒸し暑くなったり、あるいは寒すぎてしまうことを防ぐことができます。

他にも、日中強い日差しを受けて温度が上がりやすい南側の外壁に断熱・遮熱塗料を塗るのも良いでしょう。
夏場、熱い陽射しを受け続けた壁は、夜になっても熱を放出し続けます。
寝苦しい夜の原因は、暑くなった壁にあるかもしれません。

温度変化が少なくても、いかにその場所に長く居るかで塗料を使うかどうかを判断するのも賢明です。
リビングなど多くの時間を過ごす場所の外壁は、断熱・遮熱塗料を利用するのがベターでしょう。
他にも寝室などに利用するのも良いですね。

一方でそれほど気にしなくても良いと思われるのは、家の外の熱の影響を受けにくく、温度変化が少ない場所です。
例えば普段から日陰になっている場所などは、屋根や外壁ほど神経質に断熱・遮熱塗装を検討する必要はないでしょう。
ただし、部屋の温度が高すぎたり低すぎたりする原因は意外とそういった場所に潜んでいる可能性もあります。
普段から温度変化を気にすることで、塗装に最適な場所を判断できるようにしておきましょう。


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。