太陽光発電のデメリット|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

ブログ

太陽光発電のデメリット

2016年9月6日

太陽光発電は以前から注目されている発電方法であり、家計を助けるとして、新築として一戸建てを建てる際には太陽光発電のパネルを設置するところも多く、業者も年々増えています。
しかし、メリットを殊更強調することはあっても、どのようなデメリットがあるのか、それをお知らせする業者はなかなか存在しません。
そのため、デメリットとしてどのようなものがあるのかを知ることで、太陽光発電に関する正しい認識を持っていく必要があります。

 

 

デメリットの1つとして、天候い左右されること、それによって発電量が不安定になることがあります。
曇りや雨であっても発電されることはありますが、晴れの日とは全く違い、雨における発電量を1とした場合、曇りは2、晴れは7もしくは8となります。
天候によってそれだけの差が生じること、太陽光パネルを設置したい場所の天候によって思い描いた発電量、売電収入が確保できるかどうかわからないことがわかります。
その年によって発電量にバラつきが見られるのもウィークポイントです。

 

 

また、定期的なメンテナンスが必要であることもデメリットとなります。
そのまま放置していると、太陽光の力をそのまま電気に置き換えるということが難しくなり、無駄が発生するようになります。
そうすると発電量自体が落ちてしまい、売電収入の減少などにつながります。
定期的なメンテナンスは業者に任せなければいけませんが、その費用もかかることになります。

 

 

最後に塗装がしにくいというのもデメリットです。
屋根の塗装は雨漏りを防ぐため、風雪に耐えるために行われますが、パネルを設置すると簡単にそれらができなくなります。
一度設置すると一定の期間は動かせないため、太陽光発電を導入する前に屋根の塗装を行うことが求められ、特に中古物件で設置を検討する場合には必ず屋根の塗装はしておく必要があります。

 

 

こうしたいくつかのデメリットを確認して、そこから設置をするかどうか決めることが大切です。


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。