外壁塗装工事の流れ~高圧洗浄part2~|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > ブログ > お役立ち情報ブログ > 外壁塗装工事の流れ~高圧洗浄part2~

ブログ

外壁塗装工事の流れ~高圧洗浄part2~

2017年7月17日

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です!

 

前回のブログで高圧洗浄をする理由、注意点をご紹介しました。前回のブログで高圧洗浄をする理由、注意点をご紹介しました。今回も前回に続き、高圧洗浄の際に知っておきたい知識をご紹介していきます。

 

・高圧洗浄だけで落とせない汚れもある?高圧洗浄では古い塗膜やコケやカビなどを効率よく落とすことができますが、一方で全ての汚れが高圧洗浄だけで落ちるということではありません。塗膜浮きや剥がれなどは高圧洗浄だけでなく、金属製のヘラを用いて手作業でこすって落とすことで古い塗装をなくしていきます。

 

・高圧洗浄をする前に補修処理が必要な場合高圧洗浄は外壁塗装をする前に処理する一番初めの工程だとお伝えしましたが、一部例外の場合があります。それが「コーキング部がボロボロになっている場合」です。窓周りやサッシの周りについているコーキング材が劣化してしまっている場合、そのまま高圧洗浄の水をかけてしまうと劣化したコーキング部分から建物内部に水が侵入してしまう可能性が高いのです。場合によっては先にコーキングの補修処理が必要になってくることを覚えておきましょう。

 

・高圧洗浄をした後は乾燥が必要高圧洗浄で外壁、屋根まるごと汚れを落とした後は、水分を乾かす必要があります。もししっかり乾燥させる前に塗料を塗ってしまうと、後から水が蒸発して、塗膜が膨れてしまうという可能性があるので、最低でも24時間は乾燥させると思っておいてよいでしょう。乾燥時間については季節によっても大きく変わってきますが、丸二日48時間ほど乾燥させると基本的に問題ありません。

 

高圧洗浄についておわかりいただけたでしょうか?家を丸洗いするだけでなく、その後の乾燥も重要なポイントとなっていますし、事前にコーキングなどの劣化がないかを調べておくこともきれいに洗浄できるポイントとなっています。何を洗浄機で落として、何を手作業で落とすのか、壁材によっても異なってくるので、熟練した職人さんに頼むと安心です。次回のブログでは下地調整についてお話しますね。

 

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。

 

*********************************

是非、東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。