外壁塗装工事の流れ~養生~|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

ブログ

外壁塗装工事の流れ~養生~

2017年7月18日

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です!

 

ペンキなどの塗装の時に淵ががたがたのものは見栄えが悪いものですよね。
家の外壁も同じで、塗装というのは塗る場所、塗らない場所をはっきり分けることが美しい外観につながるものなのです。
そこで必要になってくるのが「養生」という工程です。

 

どれだけ熟練の職人さんでも養生がしっかりされていないと、塗料がつくべきでない場所に塗料が飛んでしまうことも考えられます。では養生とはどんな工程なのでしょうか?
今回は外壁塗装の養生についてお話していきますね。

 

・養生の重要性
そもそも養生とは、サッシや窓などをビニールで覆って、塗料が垂れたり飛んだりしても建物自体を汚さないようにするための作業です。
養生テープをきれいに真っすぐはることで、塗装する部分としない部分の境界の見栄えが良くなるのです。テープをまっすぐ張るだけの作業と思いきや、でこぼこしている壁に一直線に張ることは案外むつかしい作業となっています。

 

・養生する部分は窓だけではありません
養生する場所は直接塗料が触れる窓、サッシなどが最も多い部分になっていますが、塗装する部分の周辺で色を飛ばしたくないものは他にもあります。
例えば玄関や床、地面や車、バイクに至るまで、塗料が飛んで困る場所にはきっちり養生するべきなのです。
大事な部分に塗料が飛んでしまった場合は、専用の溶剤を使って落とすこともできますが、その物自体に多少の負担がかかることは否めません。塗料がつくと困る部分には事前に養生をお願いしておきましょう。

 

・養生してから数日間注意しておきたいこと
養生することで塗料が窓などについてしまうことは防げますが、同時に窓にしっかり蓋をするということなので、家自体が数日間密閉されてしまいます。
場合によっては雨戸も閉めてしまうので人によっては息苦しさを感じることもあるでしょう。養生の仕方によっては空気を多少通せる方法もあるので、気になる方は相談しておきましょう。
養生についてお分かりいただけましたか?仕上がったときの完成度を決める大きな要素となっていることを覚えておいてくださいね。

 

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。

 

*********************************

是非、東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。