外壁塗装工事の流れ~付帯部塗装~|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > ブログ > お役立ち情報ブログ > 外壁塗装工事の流れ~付帯部塗装~

ブログ

外壁塗装工事の流れ~付帯部塗装~

2017年7月20日

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です!

 

外壁塗装で塗装する部分は外壁だけではありません。例えば、雨どい、雨戸、ベランダ、鉄部、木部、軒天、破風板などが付帯部と言われる部分で外壁塗装の工事の際に一緒に塗装される部分となっています。外壁塗装で塗装する部分は外壁だけではありません。例えば、雨どい、雨戸、ベランダ、鉄部、木部、軒天、破風板などが付帯部と言われる部分で外壁塗装の工事の際に一緒に塗装される部分となっています。今回は付帯部塗装についてご紹介していきますね。

 

・付帯部塗装で使う塗料は何が良い?まず、塗装する付帯部の部分の素材が鉄部であるときは、水性ではなく溶剤を使うのが一般的です。溶剤の中でも2液の方を選んで耐久性を高めるとよいでしょう。付帯部だけグレードの低い塗料を使ってしまうと、外壁の劣化スピードと付帯部の劣化スピードが異なってしまい、外壁塗装とは別に付帯部だけ塗装するタイミングが来てしまう可能性があるので、注意してください。

 

また、付帯部塗装は家全体と同じ色で塗装することで一体感が生まれ、見栄えも良くなるので、基本的に付帯部塗装は窓サッシや外壁の色と同じ色にすると良いでしょう。施工事例によっては異なる色を塗ることでセンスのある外観になる場合もあるので、ご自身の家全体のデザインも加味した上で付帯部の色を考えてみてくださいね。

 

・鉄部の塗装で錆を抑えることはできる?付帯部が外壁と異なる点の1つに、鉄部に塗装することがあるということがあげられます。鉄部で気になることというとやはり「錆」ですよね。この錆を抑えるには塗装によって酸素を遮断するという方法もありますが、錆止め塗料を塗るのが最も効果的です。

 

外壁塗装は外壁だけと思っていた方、付帯部塗装についてお分かりいただけたでしょうか?業者によっては雨戸の塗装は工場に持ち帰り、塗装してから設置するという場合もあります。雨の多い季節であれば、屋根のある工場で塗ってもらえるのは施工期間を短縮できるというメリットもあります。事前に知らないと付帯部がどの部分を指すのかもわかりませんし、見積もり段階で抜けがないかの確認もできませんよね。外壁塗装を依頼する時は付帯部の塗装もするのが一般的ということを覚えておきましょう。

 

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。

 

*********************************

是非、東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。