外壁塗装を行ってはいけない天候の条件と対処法!|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > ブログ > お役立ち情報ブログ > 外壁塗装を行ってはいけない天候の条件と対処法!

ブログ

外壁塗装を行ってはいけない天候の条件と対処法!

2017年10月14日

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です!

 

「外壁塗装、雨の日中止になるのかな。」「雨以外にもやらない方がいい日ってあるのかな。」外壁塗装を考えている方の中には天候との関係が気になって不安に思っている方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は外壁塗装をしてはいけない天候の条件と業者の取る対処方法についてご紹介します。

 

◆雨は中止ですが、中には塗装する業者がある。
雨の中、塗装を行うと塗料に雨の成分が混ざり、仕上がりが美しくならないばかりか、長持ちもできません。

小雨の場合でも一緒です。少しでも雨水を含んでしまえば、ひび割れなどのトラブルが発生しやすくなってしまいます。

 

しかし残念なことに、それでも塗装を続ける業者があります。

それは足場を借りているので、日数がかかればかかるほど業者が負担するコストも大きくなります。

少しでも早く終わらせてコストを抑えようという考えです。

 

◆雨以外にも塗装を行ってはいけない条件。
塗装には雨以外にもやってはいけない時間帯や決まりが細かく存在します。

まず、早朝はダメです。それは降りた霜の水分が付着するからです。

また、猛暑や極寒の日も避けなければいけません。

意外かもしれませんが、暑すぎると気泡ができやすくなり、寒すぎると乾きにくいからです。

 

◆天候が悪く塗装できなかったらどうなるのか。
外壁塗装の工事は天候のことも考慮して業者がきちんと予定を管理しています。

そこで心配になるのが費用のことですが、延びた日数分かかる費用が増えることはなく、認識されている料金の分のみで済むので安心してください。業者は一旦工事の手を止め、調整することになっています。

 

いかがでしたか。

外壁塗装を行ってはいけない条件と対処法についてお分かりいただけたでしょうか。

あらかじめ塗装と天候の関係を理解しておくことで、安心して外壁塗装の依頼をすることができるはずです。

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。

 

*********************************

是非、東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。