外壁塗装をするタイミングっていつ?見極め方を伝授します。|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > ブログ > お役立ち情報ブログ > 外壁塗装をするタイミングっていつ?見極め方を伝授します。

ブログ

外壁塗装をするタイミングっていつ?見極め方を伝授します。

2017年10月12日

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です!

 

「外壁塗装をいつ頃したらいいのかタイミングがわからない」外壁層にはかなりの費用がかかるので、安易に「工事しよう。」と思えないことはもちろんでしょう。

そこで今回は外壁塗装をした方がいいのかの見極め方をご紹介します。

 

◆外壁塗装が大事な理由。
もし、塗装が劣化したまま放っておくとどうなるでしょうか。

実は塗装は雨や日差しから建物を守る役割があるのです。

もし劣化しまうと雨漏りが起きますし、虫も湧いてきます。

何よりも厄介なのは建物の内部が湿気ることによってシロアリが集まってしまう可能性があることです。

 

よって何年かごとに必ず、新しい塗装を施さなければなりません。

外壁塗装は人が快適に暮らすために欠かすことのできない作業であることをしっておきましょう。

 

◆早速外壁の状態を見てみましょう。
まず、見てすぐ分かるのは、剥がれていたり、色が変色していたりする場合ですよね。

これ以外にも外壁塗装するべきサインを見つけるポイントがあります。

外壁を触ってみると白い粉が手についた経験はないでしょうか?

 

この場合も外壁塗装を行う必要があるのです。

その他にもカビがある。ひび割れなど、明らかに見ておかしいと思ったら外壁塗装を行う時期に差し掛かっているということです。

 

◆屋根の方が劣化は早い。
屋根は特に雨や日差しが直接当たるため劣化が早いです。

しかし、屋根だけの塗装工事を行うと損をするということをご存知でしたか。

工事で使う足場の設置にも実は費用がかかっています。

その足場を屋根と外壁の両方で使えるようにするために、屋根と外壁の塗装工事を一緒にするようにしましょう。

そのためには外壁と屋根の両方の状態を見るようにしましょう。

 

いかがでしたか。

外壁塗装するべきかどうかの見極め方とその注意点についておわかりいただけたでしょうか。

外壁塗装の目安は大体10年と言われています。

何も問題がないからと言って放置していると壁自体を変えないといけないことになるので、気にしておいてくださいね。

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。

 

*********************************

是非、東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。