外壁塗装はいつ依頼するべき?夏時期のメリット・デメリット|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > ブログ > お役立ち情報ブログ > 外壁塗装はいつ依頼するべき?夏時期のメリット・デメリット

ブログ

外壁塗装はいつ依頼するべき?夏時期のメリット・デメリット

2017年9月12日

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です!

 

外壁塗装は一般的に気温15度~30度、湿度75%以下の気候が適していると言われています。

塗装で最も大切なのはしっかり塗料が乾いて硬化することです。

そのため、この条件の中では塗装工事がスムーズに進むと言われています。

 

雨の日はもちろん施工できませんが、同様に気温が低すぎる日なども塗装には適していないのです。

外壁塗装は一般的に気温15度~30度、湿度75%以下の気候が適していると言われています。

 

塗装で最も大切なのはしっかり塗料が乾いて硬化することです。

そのため、この条件の中では塗装工事がスムーズに進むと言われています。

雨の日はもちろん施工できませんが、同様に気温が低すぎる日なども塗装には適していないのです。

前回は春時期の塗装事情ついてご紹介しましたが、今回は夏時期に外壁塗装をするメリットとデメリットをそれぞれご紹介していきますね。

 

・夏時期(6月~9月)概要6月~9月の時期で外壁塗装に支障が出そうなのは、やはり雨の多い梅雨時期と暴風雨に悩まされる台風時期ではないでしょうか。

塗料が乾く前に雨が降ってしまうと、せっかく塗った塗料が流れ落ちてしまうので、作業工程がずれてしまう可能性があります。

一方、雨が降っていないと気温が高く塗料の乾きが早いため順調に作業も進めることができるのです。

 

・メリット温かい季節の一番のメリットは、なんと言っても塗料の乾きやすさです。

梅雨時期で雨が続くと施工日程がずれてしまいますが、雨以外の日程は気温が高いためスムーズに施工を進めることができます。

 

・デメリットデメリットとしては、梅雨時期に雨が降りやすく、雨が続いてしまうと湿度も高くなってしまうことから施工日程が長引いてしまう可能性がることが挙げられます。

また、夏の暑さのなか、窓を閉め切って過ごさなければならないので、エアコンをフル稼働させることにはなってくるでしょう。

そうなると、電気代が心配ですよね。真夏日は避けて、工事を依頼したほうが良いかもしれませんね。

 

夏時期の外壁塗装事情についてお分かりいただけましたか?

雨の日には工事ができないため、梅雨や台風の時期は工期が予定より延長してしまう可能性が大いにありますが、適切な湿度を守って塗装を行えば、他の季節と比べて仕上がりに差が出てしまうこともありません。

夏時期の塗装をお考えの方はぜひ参考にしてみてくださいね

 

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。

 

*********************************

是非、東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。