外壁塗装の燃料はどれがいいの?~光触媒燃料のデメリット~|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > ブログ > お役立ち情報ブログ > 外壁塗装の燃料はどれがいいの?~光触媒燃料のデメリット~

ブログ

外壁塗装の燃料はどれがいいの?~光触媒燃料のデメリット~

2017年6月21日

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です!

 

 

外壁塗装に使う塗料には一般塗料と機能性塗料の2つに分ける事が出来ます。

一般塗料とは、アクリル系塗料やウレタン系塗料、シリコン塗料、フッ素樹脂塗料などがあり、最近はラジカル塗料と呼ばれている新しい塗料が登場するなど、外壁塗装の塗料選びの選択肢が増えています。

 

ちなみに、ラジカル塗料はUVや酸素、水などによる塗膜の劣化でもあるラジカルを防止する事が出来る塗料であり、フッ素樹脂塗料とシリコン塗料の中間的存在になっています。

一般塗料は塗料に含まれている樹脂成分の違いにより耐用年数が異なる、コストが異なるなどの特徴を持ちますが、機能性塗料は一般塗料とは異なり、特定の機能を持つ塗料の総称です。

 

例えば、断熱塗料や遮熱塗料は断熱効果や遮熱効果を期待する事が出来る、省エネ住宅に最適な塗料とも言われています。

断熱塗料は外部からの温度差を与えにくくする塗料であり、冷暖房費を節約出来るなどの機能を持っています。

 

機能性塗料の中でも注目が行われているのが光触媒塗料です。

光触媒塗料は、塗装・施工できる業者が少ない、施工価格が高い、注目が行われているものの、まだ信ぴょう性が低いなどのデメリットがあります。

光触媒塗料は、汚れを浮き上がらせる作用を持つ特殊な塗料です。

 

汚れを浮き上がらせる仕組みと言うのは、太陽の紫外線を受けると、外壁に付着している汚れを浮き上がらせる効果があるもので、雨が降ると浮き上がった汚れを洗い流すなど、セルフクリーニング機能を持っています。

 

しかし、塗装における技術が必要であるため、塗装・施工できる業者が少ないため、値段の比較を行う際には高い業者と安い業者を選ぶ事が難しいのです。

評判の中では注目を集めているものの、限られた施工業者のみが取り扱える塗料でもあり、施工価格が高くなってしまいます。

しかしながら、外壁をきれいな状態に保ちたい、長年美観を維持したい人などからの注目を集めているのが光触媒塗料でもあるのです。

 

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。

 

*********************************

是非、東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。