外壁塗装の専門用語-フィラーとは―|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > ブログ > お役立ち情報ブログ > 外壁塗装の専門用語-フィラーとは―

ブログ

外壁塗装の専門用語-フィラーとは―

2017年7月4日

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です!

 

外壁塗装の下塗りの際によく聞く言葉が「弾性フィラー」でヘアークラック(小さなひび割れ)を埋めるという工程です。
劣化した外壁の状態を少しでも良くするために下塗りは必ず必要になってきます。この下塗りで使われている塗料の一種、「フィラー」とはどういったものなのでしょうか。
今回はフィラーについてお話していきますね。

 

~弾性フィラーとは~
弾性フィラーとは、塗膜に弾性を持たせる働きがあり、この弾性により小さなクラックであればシーリングを打ち込まなくてもヒビを埋めることができるのです。特にクラックを起こしやすいモルタルの壁の下地に利用することが多い下塗り塗料となっています。
仮にクラックが発生している外壁に弾性のない硬い塗料を使ってしまうと、クラック内部に塗料が染み込みきらず、早い段階でひび割れが再発してしまうのです。弾性フィラーであれば、粘りのある塗料なので、塗膜がひび割れに入り込み、耐久性を上げることができます。
特に微弾性フィラーは外壁材と上塗りの密着度を上げるシーラーとフィラーの機能を持つので、下塗りにはよく用いられるものとなっています。

 

~フィラーの目的~
フィラーの目的としては小さなクラックや凹凸のある部分を平らにして、上塗りの塗料をきれいに密着させるというものです。大きなひび割れだと前述したようにシーリングの処理が必要となりますが、小さなヒビであれば、フィラーで対応できます。
やはりシーリングを打ち直すとなると作業工程にプラスの手間もかかりますし、シーリングの部分だけ変色してしまうブリード現象も起きる可能性があるのです。フィ

 

ーであれば、上塗りの塗料に依存することがないので、上塗り塗料の種類に関係なく使えるというメリットもあります。
下塗り剤の種類の1つ、フィラーについてお分かりいただけましたか?

 

フィラーの他にも下塗り塗料にはシーラーという種類のものもあります。
次回のブログでは、シーラーについてご紹介しますね。

 

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。

 

*********************************

是非、東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。