外壁塗装の専門用語-チョーキング現象とは―|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > ブログ > お役立ち情報ブログ > 外壁塗装の専門用語-チョーキング現象とは―

ブログ

外壁塗装の専門用語-チョーキング現象とは―

2017年7月6日

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です!

 

「外壁を触ると白い粉が手についた」「外壁を触ると白い粉が手についた」こんな経験はありませんか?ご自宅の外壁を触ってみて粉がついたことに驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか?チョーキング現象は外壁の劣化に気付ける最もわかりやすい劣化現象でもあります。今回はチョーキング現象について詳しくご紹介していきますね。

 

~チョーキング現象の特徴~チョーキング現象を調べる方法は簡単で、外壁を手で触ってみて白っぽい粉がつく現象がまさにチョーキング現象です。チョーキング現象が起こっているということは、外壁の顔料が粉化している状態なので、塗料が外壁を守る効果が切れているタイミングでもあります。

 

~チョーキング現象の原因~チョーキング現象の原因は雨風、紫外線などにより、塗膜の中にある顔料が粉となって表面に浮き出てくるというものです。そもそも外壁塗装に使われる塗料は「樹脂、顔料、添加剤、溶剤」という4つの物質で構成されており、どの物質も劣化により塗膜の保護機能が薄れてきてしまいます。塗膜の保護が出来なくなることにより結果的に塗料を構成している顔料が表面に出てきてしまうので、年数が経ったことによる劣化がチョーキング現象の原因なのです。

 

~チョーキング現象に気付いたときの対処法~チョーキング現象が起きていることに気づいたら、まず塗装業者に連絡して外壁の状態を正しく診断してもらいましょう。白い粉をきれいに落とすために自分で高圧洗浄で綺麗にするという方もいらっしゃいますが、余計に外壁を傷つけてしまい、かえって外壁の劣化を進めてしまうことになるので、むやみに触りすぎないことが大切です。

 

チョーキング現象についてお分かりいただけたでしょうか?塗装は家の見た目をきれいにするだけでなく、家その物を守るための物でもあるので、劣化に気づいたら、なるべく早めに外壁塗装業者にご相談ください。楽塗では無料の診断、見積もりも行っているので、お気軽にご連絡お待ちしております。

 

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。

 

*********************************

是非、東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。