外壁塗装の塗料はどれがいいの?~光触媒塗料のメリット~|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > ブログ > お役立ち情報ブログ > 外壁塗装の塗料はどれがいいの?~光触媒塗料のメリット~

ブログ

外壁塗装の塗料はどれがいいの?~光触媒塗料のメリット~

2017年6月17日

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です!

 

 

外壁の塗装する場合には、まずどの塗料を使ったらいいか種類を決めなければなりません。
一般的に住宅に使われる塗料はシリコン系塗料が多くなっています。
この塗料に人気が集まる理由はコストパフォーマンスがよいからです。
耐用年数が13年程度の割には価格が比較的安く、使いやすいという理由があります。
それほど高いわけでもなくそれほど安いわけでもないので多くの人が利用したがるのです。

 

一方これに対してウレタン系塗料やアクリル系塗料などもありますが、最近はアクリル系塗料は住宅などではあまり使われていません。
住宅の塗装にあまり向いていないという理由もありますが、そもそも耐用年数が短く8年程度しか長持ちしないのです。
何度も足場を設置することを考えると、耐用年数が長い塗料の方が長期的にみると出費が少なくなります。

 

長期的な視点から考えると、高機能塗料はコストパフォーマンスがよいといえます。
確かに単価自体は高いですが、20年近く塗料を塗り直さなくてよいため、足場の設置にお金がかかりません。
では高機能塗料にはどのような種類があるでしょうか。

 

高機能塗料の一つとして光触媒塗料があります。
光触媒塗料の特徴は外観の清潔さを保つことができる点です。
普通住宅は、年数が経過するほど黒ずんできたり、太陽が当たらないところでは苔が発生してしまいます。
このように考えると、光触媒塗料の汚れにくく清潔さを保つことができるという点は、大きな意味があります。

 

次に臭いの発生を防ぐ役割もあります。
また、防カビ・防藻性に優れていることも見逃してはいけません。
なぜこのような結果が出るのかといえば、光触媒塗料は汚れを浮かす働きがあるからです。

 

本来なら壁についてしまう汚れは、壁に染み込まずに表面に浮き出ます。
雨が降った時にその汚れを流してくれるため、長期的に汚れにくく美しい外観を保つことができるのです。
しかも、20年程度も耐用年数がありますので、ひそかに人気が出てきています。

 

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。

 

*********************************

是非、東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。