外壁塗装の塗料はどれがいいの?〜フッ素系塗料のメリット〜|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > ブログ > お役立ち情報ブログ > 外壁塗装の塗料はどれがいいの?〜フッ素系塗料のメリット〜

ブログ

外壁塗装の塗料はどれがいいの?〜フッ素系塗料のメリット〜

2017年5月1日

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です!

 

外壁の塗料には多くの種類があり、フッ素系塗料もその一つです。
シリコンやウレタンに比べて認知度はまだまだ低いものの、耐久年数が最も長く、外壁塗装に求められる耐熱性・耐寒性にも優れた効果を発揮します。

塗料の中でフッ素系塗料は最も高価な種類ですが、耐久年数が15~20年と他の種類よりもかなり長く、耐候性が高く酸性雨などにも強いため、長い目でに見れば1年あたりの価格は安いといえます。

 

さらに目を引くのがその外壁コーティング効果です。
フッ素系塗料は、低摩擦性と非粘着性という性質に優れています。

低摩擦性とは、外壁や屋根についたものが滑りやすい性質のことで、この性質が高いと雨や雪などでついた汚れがすぐに滑り落ちるのです。

 

非粘着性とはその名の通り、あらゆるものが粘着しにくい特徴のことで、塗装を行うことで外壁につく様々な汚れを弾きやすくなります。これにより外壁を汚らしく見せる藻やカビの粘着を防ぐことが出来ます。

この二種類の特徴を持つため、外界からの汚れを防ぎ美しい外観を長期に渡って保つことが出来るのです。

 

またこれらの優れた特性からフッ素塗料は住宅の屋根に使われることが多いです。
屋根というのは常に太陽光や雨に晒されているため、外壁に比べて劣化が早いです。その為、外壁と同じようにシリコンやウレタンで塗装すると、屋根だけが先に劣化し塗り直しが必要になってしまうことが間々あります。

 

そこで、外壁をシリコン、屋根をフッ素という風にグレードを分けることで劣化するタイミングを合わせる工夫が主流になってきているのです。
これらのメリットがあるフッ素系塗料は、塗り替えの手間を省き長い目で見て安い塗料を選びたい、という方に向いているでしょう。
また屋根の劣化スピードを外壁と合わせたいと言う方にも、フッ素系塗料はおすすめです。

この他のウレタン・シリコンなども同様に、外壁塗装の塗料は、目的や優先したいポイントに合わせて選んでいくことが大事だと言えます。

 

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。

 

*********************************

是非、東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。