外壁塗装の塗料はどれがいいの?〜アクリルの特徴〜|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > ブログ > お役立ち情報ブログ > 外壁塗装の塗料はどれがいいの?〜アクリルの特徴〜

ブログ

外壁塗装の塗料はどれがいいの?〜アクリルの特徴〜

2017年4月28日

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です!

 

外壁は家の外観の大半を占めているため、家の顔とも言うべき場所であり、家の雰囲気を決める重要な要素になっています。
そのため常にメンテナンスをして汚れが付着しないように気を付けておかなければ、見栄えが悪くなってしまいます。
ただ気を付けていても外壁や紫外線が直接あたる部分ですし、雨や風によって汚れが付着しやすい部分になります。
そのため10年に1度を目安に外壁塗装を行うことが必要ですが、外壁塗装を行うときに使用する塗料には様々な種類があります。

 

住宅やビルなどの建物の外壁塗装を行うとき、広く使用されているのがアクリル系塗料やウレタン系、シリコン系、フッ素系などです。
それぞれ素材が異なるので耐久性が異なりますし、外壁塗装工事にかかる費用も異なってきます。

 

・費用の安さ
その中の1つであるアクリル系塗料は、他の塗料と比べて値段が安いという特徴があるのです。
ただ値段が安い分、耐久性が他の塗料と比べて低いので、塗り替えが頻繁に必要になります。
頻繁に外壁の色を変えて、違った家の雰囲気を楽しみたいという人にはおすすめの塗料ですね。

 

・つやについて
そしてアクリル塗料には、つやがある塗料とつやがない塗料があります。
つやがある塗料は、つやによって汚れを付着しにくくするので、つやがない塗料よりも耐久性が長くなります。
ただつやがある塗料はいかにも塗り替えをしたということが明らかなので、色によっては少し下品に見えてしまうことがあります。
つやがない塗料は、和風建築など落ち着いた雰囲気の家に合います。

 

・耐久性
またアクリルは耐久性に優れているため、セメント系の吹き付けタイルのトップコート、下塗りのシーラーとして使用されることがあります。

 

内装や外装にも使用ができる多機能なアクリルは、使い勝手がよく重宝しています。
アクリル塗料は発色が良く、カラーバリエーションも豊富なので、自分の理想の色を見つけやすいのが人気の秘訣です。
庭の雰囲気や周囲の家と調和するような色選びをすると良いでしょう。

 

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。

 

*********************************

是非、東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 

 

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。