外壁塗装の塗料はどれがいいの? 断熱塗料の特徴編|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗 > ブログ > お役立ち情報ブログ > 外壁塗装の塗料はどれがいいの? 断熱塗料の特徴編

ブログ

外壁塗装の塗料はどれがいいの? 断熱塗料の特徴編

2017年6月12日

こんにちは!

東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗です!

 

断熱塗料と聞くと「熱を断つ塗料」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
単に「熱を断つ塗料」ではなく、「熱をコントロールする塗料」が断熱塗料なのです。
日本では四季が存在します。そのため気温は季節に大きく左右されますよね。
「夏は涼しく、冬は暖かく、どの季節であっても快適な室温を保つ」、そのために断熱塗料を選ばれる方が多くいます。

 

初めて外壁塗装をお考えの方の中には初めて断熱塗料という言葉を聞いたという方もいらっしゃることでしょう。
「断熱塗料って一体何?」という疑問をお持ちの方のために、今回は断熱塗料の特徴について「耐久性」「価格」「使用した際の外観」の3点に絞って紹介していきます。

 

・「耐久性」
外壁塗装のタイミングは一般的に10年に一度です。しかし、断熱塗料を用いた場合は13~15年に一度塗装し直してもらえば済みます。その理由は、断熱塗料が紫外線に強いからです。断熱塗料が日光に弱いと意味がありませんよね。

 

・「価格」
断熱塗料は性能が優れているため価格が普通の塗料よりも高めの設定になっています。
初期費用が高いですが一度お考え直してみてください。
断熱塗料を施すことで冷暖房費を削減することができます。
冷暖房費を削減することができれば長期的に見ると実はお得なのです。

 

・「使用した際の外観」
機能面で問題はなくても外観がよくなければ断熱塗料を使用したくはないですよね。
断熱塗料の代表としてガイナという塗料があるのですが、そのガイナを使用して塗装した際にマットな仕上がりになるためツヤはありません。ツヤがないことから和風建築に向いており、高級感ある仕上がりにすることができます。

 

いかがでしょうか?
冷暖房費を削減してくれるため経済的であり、その上外観もバッチリ決めてくれる断熱塗料。
初期費用が高いことだけが少し問題に思う方もいるかもしれませんが長期的には実はお得なので安心ですね。
ぜひ一度、断熱塗料をご検討ください。

 

 

クロスの貼替・トイレ交換等の内装、シーリング工事・外壁塗装工事等の外装の工事に関して気にになることや質問がございましたら是非弊社までご連絡ください!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

今後とも東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗をお願いいたします。

 

*********************************

是非、東京都足立区・葛飾区・江戸川区の地域密着型外壁・屋根塗装・雨漏り修理・防水工事専門店の株式会社楽塗の施工実績をご覧ください。

 

 


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。