外壁塗装に適した季節っていつ?|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

ブログ

外壁塗装に適した季節っていつ?

2016年6月17日

外壁塗装に最も適した時期っていつ?と疑問に思う方も少なくないですよね。
基本的に、どの季節であっても施工可能です。しかし、季節に大きく左右されることはないとしても天候や気温で適さない条件があります。

 

 

それは、
・気温が5度以下
・湿度が85%以上
の時です。
この状態で塗装をしてしまうと、塗装の剥がれや塗装の持ちを低下させる原因となってしまいます。また、この条件下で塗り替えた場合、塗装にとって重要な乾燥が十分に行うことができません。当然ですが、雨の日や台風の日も工事を行うことができません。

 

 

このような条件下での塗装工事は適しませんが、このような条件下でない限り外壁塗装を行うにあたり最も適している、と断言できる時期難しいのです。なぜなら、春夏秋冬それぞれに塗装を行う上で良い点と悪い点があるからです。
では、それぞれの良い点悪い点を比較してみましょう。

 

 

○春
空気が乾燥しているので塗料が乾きやすく、気温も適温であるため業者が作業のしやすい時期です。また、窓を閉め切っても暑くないので依頼される方にとっても都合がいい季節です。しかし、不安定な気候も多いので晴れたり雨が降ったりと、作業期間が延びる可能性があります。

 

 

○夏
塗料の渇きが早く、気温が高いと塗料が伸びやすくなり作業が順調に進みます。しかし、猛暑であるため職人にとって過酷な季節です。また、工事期間は基本的に窓を閉めていただくのでエアコンなしでは生活できません。

 

 

○秋
秋は春と同様、空気が乾燥していて塗料が乾きやすく、窓を閉め切っていても過ごしやすいです。ただ、台風の多い季節なので春以上に天候の影響を受けやすく、雨が続き施工ができない日が長く続いてしまうことが懸念されます。

 

 

○冬
窓を閉め切っていても不都合がなく、乾燥しているので塗料の付着も吸収もしやすい時期です。ですが、冬は結露が起きやすくその状態で塗装を行うと仕上がりに影響します。また、他の季節に比べて日照時間が短いため1日の作業時間が短くなってしまい、工期が長くなる傾向にあります。

 

 

このように、季節によってメリット・デメリットがあるのです。
ですから、一概にこの季節がいい、とは言えないのが実情です。
最も大事なことは下地がしっかり乾いてから塗ることと、先に塗った塗料が乾いてから重ね塗りすることなので、それができる業者選びが最も大事と言えるでしょう。

 

あなたにとっての最適な時期を待っていると、外壁は経年劣化で痛み余計な費用がかかってしまうかもしれません。時期はあまり気にせず、できるだけ早く工事を検討することをおすすめします。


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。