外壁塗装が必要な理由|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

ブログ

外壁塗装が必要な理由

2016年6月4日

外壁塗装は汚れや傷が気にならなければしなくても大丈夫、無駄な出費だから外壁塗装なんて必要ないと思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、外壁塗装は大変重要です。節約のつもりで外壁塗装を怠った結果、大損害に繋がることも考えられます。
ここでは、なぜ外壁塗装が重要なのか、について説明していきます。

 

 

もちろん外観を綺麗に保つために外壁塗装は大切です。
しかし、それだけではありません。外壁塗装には、家の内部に雨水が浸入しないようにする防水、保護の役割の役割があります。これが外壁塗装の一番の役割です。また、塗料によっては防水・防錆・防カビ・防虫・抗菌、さらに遮断・断熱・耐熱の機能をも果たしてくれています。

 

 

では、このように重要な役割を担っている外壁塗装のメンテナンスを怠ってしまうとどうなってしまうでしょう。

 

 

まず、外壁に艶がなくなってしまいます。艶がなくなると壁自体の防水機能が低下してしまいます。水をはじく力を失ってきた外壁に少しずつ水がたまったり、湿気を帯びたりするようになってきます。その湿気を帯びた壁が乾くなどすることで壁自体にゆがむなどの動きが出てきます。壁の動きが増えてくると次は壁に小さなヒビが発生してしまいます。

 

 

そして、この小さいヒビから水が浸入していきます。小さいヒビであれば、まだ浸入する水は少ないですが、そのままでも放置し続けるとヒビはどんどん大きくなります。

 

 

この大きくなったヒビを補修しない場合、外壁の内部にまで水が浸入し中の防水シートにまで達してしまいます。基本的に防止シートの上で水は止まるようになっています。ですから、すぐにはその後の影響はでませんが、防水シートも年月とともに劣化します。防水シートだけでは防水しきれない時がいずれやってきます。そうなると、結露、湿気が発生し、防水シートの内側にある鉄骨、コンクリート、木がどんどん劣化していきます。

 

 

ついには、家の土台部分や、基礎の部分にも劣化の影響が出てきてしまいます。ここまでになると、ちょっとした地震や台風などの影響で家は崩れてしまうかもしれません。放っておくことで危なくて住むことが出来ないレベルにまで到達してしまうのです。

 

 

このように外壁には重要な役割があり、劣化を放置し続けると家の基礎のまで影響が出てしまいます。節約のつもりであえて外壁塗装を見送ったつもりが、逆に家の基礎まで修復しなくてはならず、費用が高額になることも考えられます。
ですから、新築から10年をめどにまず点検をされることを強くおすすめします。


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。