外壁にヒビ?劣化サインです|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

ブログ

外壁にヒビ?劣化サインです

2016年10月2日

入居した頃は美しかったマイホームも年数が経過するにつれて徐々に古びて見えてしまうことがあります。
外壁にも緑色の藻のような色がついてしまっていたり黒いカビのようなものが生えていることがありますし、中にはひび割れを発見してショックを受ける方もいらっしゃいます。

これは、クラックという外壁の劣化のサインです。
外壁は24時間365日家族を激しい風雨や強烈な紫外線から守っていますので、年数が経つにつれ劣化して、こうしたクラックが発生してしまうことがあります。

クラックをそのままにしてしまうと、そこから雨水などが侵入し、壁の内部にも劣化が進んでしまったりカビが生えてしまうことがありますので注意が必要です。

一口にクラックといってもさまざまな種類があり、表面的なひび割れから、壁の内部にも影響してしまっているものがあります。
下地までダメージが無い割れを「チェッキング」や「ヘヤークラック」といい、塗膜の底まで割れている場合を「クラック」といいます。
主な原因は経年による塗膜の劣化ですが塗装の間隔時間をしっかり確保して定期的なメンテナンスをすることで、壁の内側に影響を与えずに外観もきれいに直すことができます。

こうした外壁塗装は10年に一度行うのが望ましいとされていますので、定期的に業者に依頼して外壁の状態を確認してもらい、クラックがあった場合にはシーリングをした上で外壁塗装をしてもらうのが大切です。

外壁塗装の塗料にもさまざまな機能性が付加されているものがあります。
雨や紫外線で壁の汚れを分解する防汚作用があるもの、耐久性が高くクラックが入りにくいもの、断熱作用があり夏に涼しく冬に暖かいものなどです。

こうした機能も考え合わせてライフスタイルにあった外壁塗装を定期的に行うことでマイホームの審美性はもちろんのこと、丈夫さや機能性も保つことができます。
愛着のある家に長く住みたいという方には、こうしたメンテナンスが欠かせません。


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。