塗装は防水の役割も持っている|東京・千葉・埼玉で外壁屋根塗装をするなら株式会社楽塗

ブログ

塗装は防水の役割も持っている

2016年12月12日

住宅の多くは木材で作られています。
鉄骨住宅も鉄骨ですべてができている訳ではなく、主な部分は鉄骨でできており、それ以外の部分は木材でできているのです。
それ故、ほとんどの家は木材が使われているといっても過言ではありません。

 

 

木材が利用されるようになったのは、木材が頑丈だからです。
また、柔軟性に優れており、日本のような地震大国では、木材が大いに役立つのです。
ただ、木材には一つ欠点があります。
その欠点は火ではありません。

 

 

木材は意外と火には強いのです。
焦げはしますが、燃え落ちるまでには相当な時間を要します。
火よりも水の方が弱いのです。
木材が朽ち果てるのは湿気が原因です。
湿気があることで、木材は弱まり、耐震性も弱まってしまいます。

 

 

ここからわかることは、木材を使った住宅には湿気が大敵だと言うことです。
湿気を嫌う木材に対しては湿気をできるだけ遠ざけなければなりません。
ですが、特に日本は高温多湿の国です。

 

 

そのため、湿気対策が昔からとられてきました。
その一つが風通しの良い家です。
また、外壁の素材も改良が加えられています。
もともと、外壁の素材は水に弱いものが多いのです。

 

 

そこで、外壁の素材の上から塗る塗料を改良することで、住宅を湿気から保護することができるようになりました。
塗料の中には水に強い塗料もあるのですから、どうしても湿気が気になる場合はそのような塗料を使えばいいということになります。

 

 

塗料は複数ありますが、安い塗料ほど耐用年数が短くなり、逆に金額が高い塗料ほど耐用年数が長くなります。
この耐用年数は、防水性に比例します。
防水性がしっかりしているものほど、耐用年数が長いことになるのです。

 

 

逆に、防水性が大したことがない塗料は、耐用年数が短いのです。
このように考えると、金額の高い塗料の方が優れていると思われがちですが、何が優れているかはその家に住む人が判断することです。
短期間に塗替えをしたいのであれば、耐用年数の短く、金額が安い塗料を選んでもいいでしょう。


最新記事一覧

人気記事一覧

関連記事一覧

5つの秘訣

  • お得なWEB限定キャンペーンはこちらから

  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめプラン

楽塗へのお問い合わせご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-775-885

●ご来場予約のお問い合わせはこちら

ご来場予約のお問い合わせはこちら

●メールでのお問い合わせ

リフォームに関するお問い合わせはこちらから。メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちらから。お気軽にご相談ください。

大体どれくらい費用がかかるのか知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい。

無料見積もりのご依頼はこちらから。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

楽塗の事をもっと知りたい!と言う方のために資料をご用意しました。

資料請求はこちらから。